冊子印刷のオリンピア「スタッフによる冊子作成日誌」

冊子作成日誌


冊子印刷のオリンピアスタッフが冊子についての、基本知識からウラ話、日々の出来事をつづっています。

奥に積んであるのはB5サイズの冊子で、手前の冊子が正方形の変形サイズ。冊子の形を変えることで、内容をより活かせるので、イラストや写真を多用する絵本や写真集などにおすすめです!
個性が光る!冊子のサイズ
2017年01月10日
仕様冊子作成日誌用紙

皆さま、こんにちは。
オリンピア印刷の藤原です。

前回は、冊子のサイズ「A判」「B判」についてお話ししました。
今回は、「A判」「B判」とは違うサイズについてお話しします。

>> 冊子のサイズ、「A判」「B判」って何?

例えば、「新書判」というサイズをご存知ですか?
名前の通り新書や、漫画単行本に使われることの多いサイズなので、皆さんの本棚にも、きっと1冊はあるかと思います。

タテはB6と同じ182mm、ヨコがB6の約5分の4である103㎜という寸法で、出版社によって多少の差があります。
手に馴染んで読みやすく、片手でも開きやすいサイズですよね。
新書判は、A判やB判とは違い、JIS規格には定められていませんが、一般的によく使われるサイズです。

他には、A4の短辺とB4の短辺を掛け合わせた「AB判」などもJIS規格外のサイズですが、多く使われているんですよ。

また、正方形だったり、タテとヨコの比率が極端に違うサイズの冊子を見かけたことはありませんか?

そういった珍しいサイズは、通常「変形サイズ」と呼ばれます。
変形サイズの冊子は、一般的でない分、見た目に個性が生まれます。
書店で平積みにされていると、他の冊子との区別がつきやすいですし、図書館の書架に立てられていても、はみ出て目に付きやすいので、思わず手に取ってもらえる…というメリットもありますね。

奥に積んであるのはB5サイズの冊子で、手前の冊子が正方形の変形サイズ。冊子の形を変えることで、内容をより活かせるので、イラストや写真を多用する絵本や写真集などにおすすめです!

奥に積んであるのはB5サイズの冊子で、手前の冊子が正方形の変形サイズ。冊子の形を変えることで、内容をより活かせるので、イラストや写真を多用する絵本や写真集などにおすすめです!

また、冊子の内容に合わせた特徴的なサイズにするなど、遊び心を活かせられるところも魅力。
例えば、キリンが出てくる絵本なら、タテをぐーんと伸ばした長方形にしたり、工夫次第で、とても面白い一冊になるのではないでしょうか。

「変形サイズの冊子を作ってみたいけど、この内容ならどんなサイズがちょうどいいかな?」
「入稿データの作り方は、他のサイズと同じでいいの?」

などの疑問にも、オリンピアが丁寧に答えますので、ぜひ、検討してくださいね。

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
例えば、新聞紙の見開きサイズはA1サイズなので、一面のサイズはその半分のA2サイズ。さらに2回折り畳むと、持ちやすいサイズA4サイズになる、というわけです!
冊子のサイズ、「A判」「B判」って何?
2017年01月05日
冊子作成日誌用紙

皆さま、こんにちは。
オリンピア印刷の藤原です。

私はようやく引っ越しの荷作りを終えつつあります。
中でも大変だったのは、冊子の梱包です。
一冊でも多く段ボールに入るよう、同じサイズの冊子をまとめて、きっちりと並べて詰めました。
しかし、他とはサイズの違う冊子が何冊かあり、隙間ができて困りました。
そこで今回は、冊子のサイズについてお話をします。

皆さん、「A4サイズの雑誌」「B5サイズのノート」などという冊子のサイズの呼び方を聞いたことはありませんか?
このような、Aの後ろに数字が付くサイズを「A判」もしくは「A判サイズ」といい、Bの後ろに数字が付くサイズを「B判」もしくは「B判サイズ」といいます。

例えば、新聞紙の見開きサイズはA1サイズなので、一面のサイズはその半分のA2サイズ。さらに2回折り畳むと、持ちやすいサイズA4サイズになる、というわけです!

例えば、新聞紙の見開きサイズはA1サイズなので、一面のサイズはその半分のA2サイズ。さらに2回折り畳むと、持ちやすいサイズA4サイズになる、というわけです!


では、A判とB判はどう違うのでしょうか?
まず、A判は元々、ドイツの工業規格を導入したもので、国際標準として各国で使われています。

「A0」という、841㎜×1,189mmの長方形を基準として、A0を半分に折ったサイズ(594㎜×841㎜)がA1、A1をさらに半分に折ったサイズ(420㎜×594㎜)がA2…と、半分に折っていくごとにAの後ろに付く数字が大きくなっていきます。

B判は、「B0」と呼ばれる、1,030㎜×1,456mmの白銀比の長方形を基準として、A判と同様に、半分に折っていくごとにB1、B2…と数字が大きくなりますが、B判は、日本で使われていた美濃紙を元にした、国内規格のサイズなんです。

ちなみに、A判・B判ともに、短辺:長辺の比率が1:ルート2で、A0サイズは面積が1㎡、B0サイズは面積が1.5㎡になるように計算されています。
この比率は「白銀比」と呼ばれる比率で、法隆寺など日本の建築物にも多く取り入れられている、馴染みのある比率なんです。

一般的に、冊子はこれらの「A判」「B判」で作られることが多いですが、
中には違うサイズの冊子も存在します。

次回は、そんな「違うサイズ」の冊子についてお話しする予定ですので、
お楽しみに!

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
上質紙
冊子にピッタリの用紙を選んでみませんか?
2016年12月23日
仕様冊子作成日誌用紙

皆さま、こんにちは。
オリンピア印刷の藤原です。

私は相変わらず引っ越しの作業に追われています。
その合間に何枚も写真を見ていると、あることに気づきました。

表面がツヤツヤしている光沢プリントの写真は色鮮やかで、表面のツヤを抑えたマットプリントの写真は落ち着いた仕上がりになっているんですね。
同じように、冊子の用紙も、種類によって仕上がりに違いが出るんです!
今回は、4つの用紙を紹介します。

①上質紙
白色度の高さが特徴で、コピー用紙としても使用されています。
さらさらした手触りで鉛筆やペンでの筆記に適しているので、
テキストなど、書き込むタイプの冊子に向いています。

②書籍紙
少しクリーム色がかっていて目にやさしいため、文字中心の冊子におすすめです。
上質紙よりややざらついた手触りなので、めくりやすいのも特徴です。

③コート紙
ツルツルした手触りの、ツヤのある白い用紙です。
発色が良いので、カラー印刷にぴったり。
写真集や絵本など、ビジュアル重視の冊子におすすめです。

④マットコート紙
コート紙のツヤを抑えた、しっとりとした手触りの白い用紙です。
発色が良く、コート紙よりも光の反射が少ないので
パンフレットなど、画像と文字を併用した冊子に向いています。

上から順に上質紙・書籍紙・コート紙・マットコート紙。見比べると、色や質感の違いがよりハッキリしますね。

上質紙

上質紙


書籍紙

書籍紙


コート紙

コート紙

マットコート紙

マットコート紙

このように、適材適所、目的に合わせて用紙を選んでみてはいかがですか?
もちろん、「この冊子にはどの用紙が最適なの?」という質問も、いつでも受け付けています!

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
裏の印刷が、透けて見えているのが分かるでしょうか?このような裏写りした紙原稿で入稿すると、この見た目のまま仕上がってしまうんです。
(紙原稿) 紙原稿に関する疑問、オリンピアがお答えいたします!
2016年12月12日
冊子作成日誌紙原稿

皆さん、こんにちは。オリンピア印刷の藤原です。

前回は、紙原稿での入稿についてお話をしました。
デジタルデータとして残っていない写真や手紙なども入稿できます、という内容でしたね。
今回はその補足として、紙原稿の入稿の際によくいただくご質問にお答えします。

まずは、「紙原稿が両面印刷なんだけど、入稿できますか?」という質問。

もちろん、両面印刷されている紙原稿でも、入稿することは可能です。
しかし、裏写りしている紙原稿だと、印刷の仕上がりも同じように裏写りした状態になってしまうので、可能であれば片面印刷の紙原稿をおすすめしています。

同様に、写真の粗さや、紙原稿の汚れなどもそのまま印刷の仕上がりに反映されてしまうので、ご注意ください。

裏の印刷が、透けて見えているのが分かるでしょうか?このような裏写りした紙原稿で入稿すると、この見た目のまま仕上がってしまうんです。

裏の印刷が、透けて見えているのが分かるでしょうか?このような裏写りした紙原稿で入稿すると、この見た目のまま仕上がってしまうんです。

他にも、「こういう状態の紙原稿でも入稿できますか?」などの疑問がありましたら、お気軽にオリンピアまでお問い合わせくださいね!

>> 紙原稿について詳しくはこちら

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
紙原稿での入稿なら、現像された写真の風合いや手紙の直筆文字などのニュアンスが伝わる、味わい深い一冊が仕上がりますよ。
(紙原稿) 写真や手紙など、紙原稿で貴重な一冊を作りませんか?
2016年12月05日
冊子作成日誌紙原稿

みなさま、こんにちは。オリンピア印刷の藤原です。
2016年ももうすぐ終わり。1年はあっという間ですね、いかがおすごしでしょうか。

実は私、現在毎日のように引っ越しの準備にいそしんでおります。
とはいえ、なかなかはかどらないんですよね。
その理由はと言うと…皆さんもご経験がありませんか?

紙原稿での入稿なら、現像された写真の風合いや手紙の直筆文字などのニュアンスが伝わる、味わい深い一冊が仕上がりますよ。

紙原稿での入稿なら、現像された写真の風合いや手紙の直筆文字などのニュアンスが伝わる、味わい深い一冊が仕上がりますよ。


そうです、昔の写真やネガフィルム、手紙などがたくさん出てくるからなんです!

「あっ、こんな時期あったあった!懐かしい〜」と、つい心を奪われて、整理する手が止まってしまうんですよね。

何十年も前の写真や手紙ですから、ところどころ折れたり色あせたりしているものの、ずっと手元に置いておきたい、価値のあるものだと改めて実感しました。

このような、デジタルデータとしては残っていない、写真や手紙。
大切な記憶の手がかりである宝物たちを美しい状態で記念に残しておきたい…。
そんな方におすすめなのが、オリンピアの紙原稿による入稿方法です。

オリンピアでは、Office系データやPDFなどのデータによる入稿だけでなく、紙による入稿も受け付けていますので、現像された写真や直筆の手紙なども、冊子にして残せるんです。
写真にコメントや、日時や場所の分かるチケットなどを添えてアルバムにしたり、手紙や寄せ書きなどを載せた自分史にしたり…。
冊子にすることで、思い出の詰まった1枚1枚をひとまとめにできますし、長い間、きれいな状態で見返せます。

また、ご家族やご友人にプレゼントできるのもメリットのひとつ。
楽しかった記憶がよみがえり、喜ばれること請け合いですので、オススメです。
ご自身用に、贈答用に、ぜひお問い合わせくださいね。

>> 紙原稿について詳しくはこちら

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
表紙デザインはオリンピアのオリジナルなので、他にはない味わいがありますよ!
オリンピアオリジナルの表紙デザインサンプルで、イメージ通りの一冊に!
2016年12月01日
カラーデザイン俳句集冊子作成日誌写真集報告書・白書旅行記・エッセイ集自分史記念誌追悼集・遺稿集

今回は、オリンピアオリジナルの表紙デザインサンプルについてお話しします。

オリンピアのブログでは、これまで冊子の表紙デザインについて書体編やレイアウト編などで、何度かご紹介してきました。
おかげさまで、「こういう表紙デザインにしたいな」というイメージのヒントになった、というご意見もいただき、うれしい限りです。
しかし、中には「どういう表紙デザインにしたいか、全然浮かばない」というお客様、あるいは、「デザインにはこだわりたいけど、イチから考える時間がない」というお客様もいるかもしれませんね。

そんなお客様のために、オリンピアでは表紙デザインサンプルをご用意しているんです。
こちらが、表紙デザインサンプルの一覧です!

表紙デザインはオリンピアのオリジナルなので、他にはない味わいがありますよ!

表紙デザインはオリンピアのオリジナルなので、他にはない味わいがありますよ!

和風テイストの渋いものから、記念誌や報告書、問題集、参考書などに使えるカラフルな色使いのものまで、それぞれに印象の異なる表紙デザインサンプルを揃えていますので、これらの中から、冊子のイメージに合わせて選んでいただくだけでOKなんです。

しかもこれらの表紙デザインサンプルは、なんと無料!

そしてもちろん相談も無料!
オリンピアで、世界で一冊のオリジナル冊子を作ってみてはいかがでしょうか?

 
>> 無料で使える、表紙デザインサンプル一覧はこちら
 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
感謝を伝える相手は亡くなった方の場合もあります。他界されたご両親や妻、夫など、その方々の伝えたい気持ちがあれば、気持ちのままに綴ってみてください。
オリンピア印刷のお客様相談室 【自分史の前書きについて④「テーマ:感謝の気持ち」】
2016年11月04日
お客様相談室冊子作成日誌自分史

皆さま、こんにちは。
オリンピア印刷の石橋です。

前書きにおすすめのテーマをご紹介するのも今回でラスト!

最後のテーマは「感謝の気持ち」です。

感謝を伝える相手は亡くなった方の場合もあります。他界されたご両親や妻、夫など、その方々の伝えたい気持ちがあれば、気持ちのままに綴ってみてください。

感謝を伝える相手は亡くなった方の場合もあります。他界されたご両親や妻、夫など、その方々の伝えたい気持ちがあれば、気持ちのままに綴ってみてください。

このテーマは前回ご紹介した「製作のきっかけ」と同様に本文の内容に大きく関わる場合が多いようです。

そのため「感謝の気持ち」について前書きで詳しく触れることで読者が本文の内容に入っていきやすくなります。

例えば、数十年連れ添ってきた配偶者への感謝を書きたい時は、おふたりで経験してきた大きな出来事を中心に書くことで本文を予告した前書きにもなり、スムーズな導入になるでしょう。

「感謝の気持ち」は「製作のきっかけ」と重なる部分が多いテーマですが、製作者の想いがストレートに記されるため、他のテーマよりも読者の心を揺さぶる傾向にあるようです。

自分史を一番読んで欲しい方、感謝を伝えたい相手がいらっしゃるなら、ぜひ「感謝の気持ち」をテーマにした前書きに挑戦してみてください。

▼自分史の前書きについて
>>【自分史の前書きについて①】
>>【自分史の前書きについて②「テーマ:自己紹介」】
>>【自分史の前書きについて③「テーマ:製作のきっかけ」】
>> 【自分史の前書きについて④「テーマ:感謝の気持ち」】

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
自分史をつくることは、これまでの人生を振り返る大切な機会です。前書きの内容も熟考し、満足するものをつくりましょう。
オリンピア印刷のお客様相談室【自分史の前書きについて③「テーマ:製作のきっかけ」】
2016年10月28日
お客様相談室冊子作成日誌自分史

皆さま、こんにちは。
オリンピア印刷の石橋です。

前回に引き続き、前書きに選ばれやすいテーマをご紹介します。
今回ご紹介するテーマは「製作のきっかけ」です。

自分史をつくることは、これまでの人生を振り返る大切な機会です。前書きの内容も熟考し、満足するものをつくりましょう。

自分史をつくることは、これまでの人生を振り返る大切な機会です。前書きの内容も熟考し、満足するものをつくりましょう。

これまでご依頼いただいた自分史の制作のきっかけとしては、長年勤めた会社を「退職」したり、還暦や米寿といった「節目の年齢」を迎えたことなどが多かったように感じます。

そして、これらのきっかけは内容にも大きく関わる傾向が強いようです。

ですから、きっかけについて前書きで詳しくふれておくと、読者がより自然に本文に入っていける訳なのです。

例えば「退職」なら、「自分のこれまでのビジネスマンとしての歩みを残したいと考え…」などと仕事に対する思いやご自身の成果を中心にふれておけば本文につながるスムーズな前書きになるでしょう。


そして「節目の年齢」の場合。
長寿を健康な状態で迎えられたことへの感謝の思いなどを家族や親戚にストレートに記せば、読み手の心に残りやすい印象的な前書きになるのではないでしょうか。

つまり、前書きで「製作のきっかけ」にふれておけば、自分史の方向性や製作の意義などを示すことができるわけですね。

自分史の製作をご検討中、あるいはすでに製作中の皆様、前書きに悩んだら「製作のきっかけ」を記してみてはいかがでしょうか。

▼自分史の前書きについて
>>【自分史の前書きについて①】
>>【自分史の前書きについて②「テーマ:自己紹介」】
>>【自分史の前書きについて③「テーマ:製作のきっかけ」】
>> 【自分史の前書きについて④「テーマ:感謝の気持ち」】

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
初対面の人に挨拶するような気持ちで自己紹介文を書けば、親しい方にとっても、そうでない方にとっても読みやすい前書きになりますよ。
オリンピア印刷のお客様相談室【自分史の前書きについて②「テーマ:自己紹介」】
2016年10月21日
お客様相談室冊子作成日誌自分史

皆さま、こんにちは。
オリンピア印刷の石橋です。

予告通り今回は自分史の前書きに選ばれやすいテーマの1つ
「自己紹介」についてお話しします。

初対面の人に挨拶するような気持ちで自己紹介文を書けば、親しい方にとっても、そうでない方にとっても読みやすい前書きになりますよ。

初対面の人に挨拶するような気持ちで自己紹介文を書けば、親しい方にとっても、そうでない方にとっても読みやすい前書きになりますよ。

早速ですが自分史の前書きのテーマを「自己紹介」にした場合、どんな効果があるのでしょうか?

そもそも主に自分史は、これまでの自身の軌跡や経験談を書くものです。

その内容が読者にとっては人生のアドバイスになったり、製作者の生き様に触れる機会になる場合もあります。
(本文の内容によって多少異なることもあります)

しかしそれほど製作者さまと親密ではない方には、人生のアドバイスや生き様に関する話をされても感情移入して読んだり、深く受け止めたりすることは難しいかもしれません。

そのため前書きに製作者の自己紹介を掲載し、読者に知ってもらうことでそれほど親密ではない方でも本文を楽しく読み進められるという効果が見込めるのです。

また親しい方が読まれる場合にも、今まで知らなかった製作者の一面を知る機会となります。

共通の体験に関わるワードを見つけ、思い出を共有することができれば興味深く本文を読み進められるでしょう。

つまり前書きに自己紹介を載せると

親しくない方には、本文を読みやすくするために事前に情報を提供するという効果が

親しい方にはより懐かしさを感じてもらったり、興味を持ってもらう効果があるのです。

ぜひ「自己紹介」をテーマに前書きをお作りになることをご検討いただけたらと思います。

▼自分史の前書きについて
>>【自分史の前書きについて①】
>>【自分史の前書きについて②「テーマ:自己紹介」】
>>【自分史の前書きについて③「テーマ:製作のきっかけ」】
>> 【自分史の前書きについて④「テーマ:感謝の気持ち」】

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
本文への興味がより高まるような前書きの内容を見つけましょう!
オリンピア印刷のお客様相談室【自分史の前書きについて①】
2016年10月14日
お客様相談室冊子作成日誌自分史

皆さま、こんにちは。オリンピア印刷の石橋です。

【オリンピア印刷 お客様相談室の第六弾】
今回の問い合わせは下記です。

「現在、自分史を製作しているのですが前書きにはどんな内容の文章が良いのでしょうか」

本文への興味がより高まるような前書きの内容を見つけましょう!

本文への興味がより高まるような前書きの内容を見つけましょう!

お問い合わせ、ありがとうございます。
確かに前書きというのは、ある意味本文よりも何を書いたらいいのかイメージしづらいかもしれませんね。

これまでに製作をお手伝いさせていただいた自分史を振り返る限りでは
「自己紹介」や
「自分史を書こうと思ったきっかけ」や
「自分史の要点」
「読者に向けたあいさつや感謝の言葉」

について書かれた前書きが多いように感じます。

ここまで読んで皆さんが気になるのは「つまり私の自分史に合う前書きは、どの内容なの?」ということではないでしょうか。

そこで次のブログから複数回にわけて、前書きの内容を決めるポイントや、そのテーマを選ぶことでどんな効果が期待できるかをお話させていただこうと思います。

ちなみに次回のブログは「自己紹介」というテーマについてご紹介する予定です。
乞うご期待!

▼自分史の前書きについて
>>【自分史の前書きについて①】
>>【自分史の前書きについて②「テーマ:自己紹介」】
>>【自分史の前書きについて③「テーマ:製作のきっかけ」】
>> 【自分史の前書きについて④「テーマ:感謝の気持ち」】

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
Copyright © 2017 印刷・製本の冊子印刷のオリンピア All Right Reserved.