冊子印刷のオリンピア「スタッフによる冊子作成日誌」

冊子作成日誌


冊子印刷のオリンピアスタッフが冊子についての、基本知識からウラ話、日々の出来事をつづっています。

こちらが入稿した原稿の一部。自分がつくっている写真集にも関わらず、見る度に猫の可愛さにキュンとします。
写真集製作の過程をご紹介「修正①余白について」
2017年09月06日
冊子作成日誌写真集製作の過程をご紹介「リアルレポート」

こんにちは、オリンピアの青木です。

先日、写真集の原稿データを入稿したことをお伝えしました。
本当なら今日は「写真集が完成しました!イエイ!」と言いたかったのですが、入稿後に先輩から原稿の間違いを複数ご指摘いただいたので当分言えそうにないのです…。

しかし、落ち込んではいられません!
指摘していただいた内容をお話すれば、きっとお客様のお役に立てるはず!…という希望を込めて、今回から数回にわたり、私がした間違いについてご紹介します!

 第1回目は、原稿の余白についてです。

こちらが入稿した原稿の一部。自分がつくっている写真集にも関わらず、見る度に猫の可愛さにキュンとします。

こちらが入稿した原稿の一部。自分がつくっている写真集にも関わらず、見る度に猫の可愛さにキュンとします。

 

私が希望していた冊子の綴じ方「無線綴じ」は、背をのりで固めて綴じるため、ノドの部分が数mm隠れてしまいます。

 

赤く囲っているところを「ノド」といいます。

赤く囲っているところを「ノド」といいます。

 

そのため原稿をつくる段階で適切な余白を空けておく必要があります。
しかし、私が入稿した原稿は左右の余白を5mmしか空けておらず可愛い動物たちの写真が隠れてしまう可能性がありました…。
(余白について指摘してくださった先輩、本当にありがとうございます!)

さらに先輩に余白についてアドバイスを受けると、私が選んだ写真集の仕様ならノドの余白は1cmほど空ければ大丈夫と分かりましたので念のために余白を1.5cmに設定し 写真のレイアウトを修正。
(ページ数や紙の厚さによって、必要な余白が変わるそうです。)

何とか動物たちの写真が見えなくなる事態は回避することができました!

 

皆さんも、冊子の綴じ方を「無線綴じ」にする場合は、ノドの余白を十分にとり、私の二の舞にならないようしましょう。
もちろん、万が一にも余白が不十分な場合はオリンピアスタッフが適切な余白の大きさをアドバイスさせていただきます。

 

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
挨拶状には、記念誌を制作した経緯や、読んでいただきたいという気持ちなどが綴られていました。
言葉の違いを知ろう「謹呈(きんてい)と贈呈(ぞうてい)」
2017年09月04日
冊子作成日誌

こんにちは、オリンピアの益子です。
9月に入りましたが、まだまだ残暑が続きますね。

以前、弊社で製作した記念誌を見ていたら二つ折りの挨拶状がはさまっていました。
挨拶状の表には「謹呈」と印刷されており、何だか格式を感じます。

 

挨拶状には、記念誌を制作した経緯や、読んでいただきたいという気持ちなどが綴られていました。

挨拶状には、記念誌を制作した経緯や、読んでいただきたいという気持ちなどが綴られていました。

 

ご存知の方も多いとは思いますが「謹呈」は、人に物を贈るという意味です。
けれど先日、新聞で「記念品を贈呈しました」という一文を読みました。

そこで「謹呈」と「贈呈」には、一体どんな違いがあるのか?

…と気になり、少し調べてみると「謹呈」は、謹んで目上の方に何かを贈る場合に使う言葉だそうです。

記念誌に「謹呈」を添えた場合は「敬意を込めて記念誌を差し上げます。ご覧いただけましたら、幸いです。」
というような、かしこまった態度を表現していることになります。

 

次に「贈呈」は慶弔やお見舞い以外で会社や団体、個人などに何かを贈る際に使用する言葉です。
例えば、スポーツの大会などで主催者が選手に優勝のトロフィーなどを贈る場合には「贈呈」という言葉を使用することが多いようです。
けれど「謹呈」とは違い、目上の人には使わない方が良い言葉らしいので、注意が必要ですね。

 

皆様の身の回りにも似ているけど、明確な意味が違う言葉が数多くあると思います。
言葉を改めて注意して見てみると新しい発見がある…かもしれませんよ。

 

企業さまがお作りになる記念誌の多くは、お世話になっているお取引先に日頃の感謝をお伝えするツールとしても使われます。

企業さまがお作りになる記念誌の多くは、お世話になっているお取引先に日頃の感謝をお伝えするツールとしても使われます。

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

 

▶ 続きを読む
蒔き直しの「蒔」は常用漢字ではないので新聞などでは「新規まき直し」という風にひらがなで表記することが多いそうです。
間違いやすい日本語『正しい日本語を使えていますか?』
2017年08月30日
冊子作成日誌

こんにちは、オリンピアの益子です。
気が付くと8月も終わりですね。
学生のころに夏休みの宿題を慌ててやっていたことを思い出します。

突然ですが、先日とあるブログで「私は新規巻き返しを図りました」という文章を読みました。
私個人の想像ですが、ブログを書いた方は「私は新しくやりなおそうとした」ということを言いたかったのだと思います。

しかし「新規巻き返し」という言葉はありません。
おそらく劣勢から反撃に転ずるという意味の「巻き返し」と混同してしまったのでしょう。

私が想像した内容を書きたいなら「新規巻き返し」ではなく「それまでのいきさつなどを捨て、新たにものごとをやり直す」という意味の「新規蒔き直し」を使うのが適当だと思います。

 

このように日本語には似た言葉がありますので冊子を製作する際、間違わないよう気をつけましょう。

蒔き直しの「蒔」は常用漢字ではないので新聞などでは「新規まき直し」という風にひらがなで表記することが多いそうです。

蒔き直しの「蒔」は常用漢字ではないので新聞などでは「新規まき直し」という風にひらがなで表記することが多いそうです。

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

 

▶ 続きを読む
white_print
ホワイト印刷で、一味違った仕上がりに!
2017年08月28日
特殊印刷表紙

皆さん、こんにちは。

今回は、オリンピア印刷で承っておりますオンデマンドの「ホワイト印刷」をご紹介します。

今回紹介するホワイト印刷とは、文字通り、白いインクで印刷する方法で上記の通常印刷とは違う、特殊印刷となります。
なぜ特殊印刷となるかというと、通常の「CMYK」と呼ばれるシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色を使って印刷する方法では、白い色をつくることができないからです。
通常、印刷は白い紙に色を載せることが前提となっているので、白を表現する場合にはインクを載せないことで表現しているのです。

もちろん、白い紙に白いインクで印刷しても真っ白になって読めないので、色のついたレザックやマーメイド、つむぎ、色上質などの表紙用紙に対応しています。
仕上がりはこのような感じです。

white_print

濃い色の表紙用紙ですと、コントラストがはっきりしてより見やすくなるので特におすすめです。

また、オリンピア印刷では、ホワイト印刷の対応はオンデマンド印刷の場合のみとなります。
ご了承ください。

他にも疑問点がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
静聴と清聴は、主に口語として使われます。ただ、いざ書き言葉で表現する時に、自分の思いを正しく伝えられるよう、それぞれの言葉の意味を正しく覚えておくことをおすすめいたします。
間違いやすい日本語『日本語の正しい意味を知っていますか?』
2017年08月09日
冊子作成日誌

こんにちは、オリンピアの益子です。

今回は間違いやすい日本語「ご静聴」と「ご清聴」についてお話しします。

静聴と清聴は、主に口語として使われます。ただ、いざ書き言葉で表現する時に、自分の思いを正しく伝えられるよう、それぞれの言葉の意味を正しく覚えておくことをおすすめいたします。

静聴と清聴は、主に口語として使われます。ただ、いざ書き言葉で表現する時に、自分の思いを正しく伝えられるよう、それぞれの言葉の意味を正しく覚えておくことをおすすめいたします。

まず【ご静聴】を辞書で調べると、「人の話を静かに聞くこと」と出てきます。
例えば講演会やスピーチなどで人が話し始める前に使われることが多いようです。
実際、講演会などの前に司会者から「ご静聴願います」と言われたことありませんか?

 

この言葉は『話を始めるので静かにしてくださいね』というお願いであり、『これから話を始めますよ』の合図にもなります。

 

次に【ご清聴】を辞書で調べると、「相手が自分の話を②聞いてくれることを敬って言う時に使う言葉」と出てきます。
実際には、講演会などが終わった後に「ご清聴ありがとうございました」と聴衆に対するお礼の言葉として使われることが多いようです。
これは話を聞いてくれた感謝を伝えると共に自分の話が終わったことを聴衆に知らせる意味もあります。

 

今回、このテーマを選んだ理由は、とある講演会の最後に配布された冊子の最後のページに「本日は、ご静聴ありがとうございました」と書かれていたから。
つまり「静かに聴いてくださり、ありがとう」という意味になるので決して間違ってはいないようにも感じますが、色々と調べたところやはりシメの言葉としては「ご清聴」を使った方がベターなようです。

皆さんも日頃使っている言葉について改めて調べてみると面白い発見があるかもしれませんよ。

 

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
「煮詰まる」は、煮ていて水分が無くなってきた様子をいう時にも使われる言葉です。
間違いやすい日本語『日本語を正しい意味で使っていますか?』
2017年08月07日
冊子作成日誌

こんにちは、オリンピアの益子です。
そろそろお盆の時期が近づいてきましたね。お盆休みを取られる方はご予定はお決まりでしょうか。

今回は間違いやすい日本語『煮詰まる』と『行き詰まる』についてお話しします。

「煮詰まる」は、煮ていて水分が無くなってきた様子をいう時にも使われる言葉です。
「煮詰まる」は、煮ていて水分が無くなってきた様子をいう時にも使われる言葉です。

 

これらの言葉をご紹介しようと思ったきっかけは後輩A(以下A)との会話でした。

現在Aは業務の一環として写真集を製作しています。
先日も冊子製作の手順について相談に乗っているとAが「最近、原稿作成が煮詰まっていて困っています」と言っていたのです。

悩んでいるAには悪いのですが『煮詰まる』とは「議論などで意見やアイディアが出尽くしてもうじき結論が出る段階である」という意味…。
もし『写真集の原稿作成が難航している』と言いたいなら「うまくいかず、どうしようもなくなる。
物事が発展しなくなる」という意味の『行き詰まる』を使うのが適当です。

 

このように日常的に使っている言葉の中に間違いやすい日本語は混じっています。
冊子などの印刷物で言葉の意味を間違って使ってしまったり誤字脱字をすると後々までミスが残ってしまうので十分に気をつけましょうね。

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
オリンピアのホームページ「原稿について −紙原稿でご入稿いただく場合−」より。
写真集製作の過程をご紹介「手描きのイラストを掲載したい!」
2017年08月02日
冊子作成日誌

こんにちは、オリンピアの青木です。

前回、写真集の大きさを決めました!
そのため残りの作業は、冊子の仕様を決定するといった細かいものだけ。
…のはずが、今になってやってみたいことが出来てしまいました。

 

それは写真集の表紙に手描きのイラストを載せること!
しかし、その方法が分からないのでいつも通りSさんに聞きに行きます!

 

青木(以下青)「Sさん、写真集の表紙に手描きのイラストを載せる方法を教えてください。」

 先輩社員S(以下S)「分かりました。では、2つの方法をご紹介しますね。1つ目がイラストをスキャンして取り込み、ワードに貼付ける方法。2つ目がイラストをそのまま紙原稿として入稿する方法。」

青「他のページは、ワードで作っているのに表紙だけ紙原稿で入稿できるんですか?」

S「はい、オリンピアのホームページにも可能だと書かれていますよ。該当ページを下に載せましたので参考にしてください。」

 

オリンピアのホームページ「原稿について −紙原稿でご入稿いただく場合−」より。

オリンピアのホームページ「原稿について −紙原稿でご入稿いただく場合−」より。

 

青「本当ですね。うーん、データか紙原稿か…。どちらの作業の方が簡単なのでしょうか?」

 S「作業が簡単かどうかは、作る方の感覚によって変わります。ただ自宅にスキャナーがあるかどうかは、作業選びのポイントになると思います。」

 青「どういう意味でしょう?」

S「例えば、自宅にスキャナーがないとコンビニにあるコピー機などを使ってスキャンする必要があります。ただ、そのコピー機に必ずスキャン機能がついているとは断言できません。そのため、まずはイラストをスキャンできる場所を探さなくてはいけないのです。」

 青「うーん…それは、ちょっと大変そうですね。」

 S「そうなんです。だからスキャナーを持っていない方は紙原稿で作業された方がいいのではないか〜と個人的に思います。ただ『そうしなくてはいけない!』という訳ではありませんので最終的にはお客様に作業方法をお選びいただいていますよ。」

 青「では、私はスキャナーを持っているのでスキャンをして他の原稿と同じようにワードで作ろうと思います。」

S「分かりました。残る作業もあと少しですので、頑張ってくださいね。」

 

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
写真集製作の過程をご紹介「冊子の大きさを決定します!」
2017年07月31日
冊子作成日誌写真集製作の過程をご紹介「リアルレポート」

こんにちは、オリンピアの青木です。
今回は写真集の大きさを決定するにあたりSさんに助言をもらいにきました。

 

青木(以下青)「これから写真集の大きさを決めるので、お話を聞かせていただけませんか?」

先輩社員S(以下S)「構いませんよ。ただ、どんなお話をしたら良いのでしょう?」

青「例えば、写真集はどの位の大きさでつくると良いのでしょうか?」 

S「ごめんなさい。写真集に適した大きさは、おつくりになるお客様ごとに違う場合があるので一概には言えないわ。」

青「どのように違う場合があるんですか?」

 S「例えば完成した写真集を『配布したい』と考えている方と『家族と家でじっくり見たい』と考えている方では写真集に適した大きさは異なる場合があるんです。」

青「『配布したい』方は配りやすいように小さい写真集。『家族と家でじっくり見たい』方はみんなで見られるように大きい写真集…という風に?」

S「その通りです。青木さんは、『こんな写真集にしたい』という希望はありますか?もしあるなら、それをもとに写真集の大きさを決めると良いんじゃないかしら?」

青「すみません。希望がしっかりと固まっていないんです。」 

S「なるほど。では参考までに冊子をつくる際、よく選ばれている大きさについてお話ししますね。」

青「はい、お願いします。」 

S「冊子づくりによく使う大きさは、A4、B5、A5の大きく3つです。それぞれ色を変えて大きさを比較してみました。」

A4サイズは資料や報告書、B5サイズは週刊誌や一般雑誌、A5サイズは学術書や教科書などを印刷する時に使われやすい大きさです。

A4サイズは資料や報告書、B5サイズは週刊誌や一般雑誌、A5サイズは学術書や教科書などを印刷する時に使われやすい大きさです。

青「A4サイズはよく聞きますね。大学時代、レポートはA4サイズで提出するよう言われていました。」

 S「私の出身大学もA4サイズで提出する決まりでした。けれど大学の提出書類だけではなく、会社の報告書や会議資料などもA4サイズで作成することが多いんですよ。」

 青「では、A4サイズは学生にも社会人の方にも馴染み深い大きさなんですね。」 

S「確かにそう言えますね。」

青「なら、私はさまざまな場面でよく使われているA4サイズで写真集をつくろうと思います。お話を聞かせていただき、ありがとうございました。」

 

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
各位という言葉自体が、敬称のため目上の方に使っても失礼にあたりません。
この言葉の正しい意味を知っている?【日本語を正確に使おう③】
2017年07月26日
冊子作成日誌

こんにちは、オリンピアの益子です。
前回に引き続き、間違いやすい日本語についてお話しします。

 

今回のテーマは「各位」。
先日、とある勧誘チラシで、各位の誤用を見ました。
チラシの一番上に『受講希望者 各位様』と書いてあったのです。

しかし各位とは「皆様、皆様方」という意味。
つまり上記のように「様」をつけると『受講希望者 皆様様(皆様方様)』という変な日本語になってしまいます。
『受講希望者 各位』で十分、ていねいな表現なんです。

各位は、業務上の書類やメールはもちろん会社案内や広報誌といった冊子にも、よく登場する言葉。
誤字は、社内外問わず信用を失うきっかけになりかねません。

まだまだ日常で何気なく使っているけど、間違った言葉があるかもしれませんので、ちょっと注意を払って見直してみることをこのブログの読者各位にお伝えしたいと思います!

 

各位という言葉自体が、敬称のため目上の方に使っても失礼にあたりません。

各位という言葉自体が、敬称のため目上の方に使っても失礼にあたりません。

同僚にも部下にも、上司にも使用できる、とても便利な言葉なのです。

 

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
もともと役不足は歌舞伎用語。当人の力量に対し舞台での役が不相応に軽いことを表す言葉だったそうです。
この言葉の正しい意味を知っている?【日本語を正確に使おう②】
2017年07月24日
冊子作成日誌

こんにちは、オリンピアの益子です。
猛暑日が続いて夏バテ気味の今日この頃ですが、皆さんはいかがでしょうか。

前回に引き続き、間違いやすい日本語についてお話しします。
今回のお題は「役不足」。

もともと役不足は歌舞伎用語。当人の力量に対し舞台での役が不相応に軽いことを表す言葉だったそうです。
もともと役不足は歌舞伎用語。当人の力量に対し舞台での役が不相応に軽いことを表す言葉だったそうです。

 

役不足の誤用を初めて見たのは、とある本のバトルシーンでした。
主人公が敵に対して「お前じゃ役不足だ」と言っていたのです。

思わず心の中で『主人公がそんなこと言ったら、あっかーん!!!』と叫んでしまいました。
なぜ『あっかーん!!!』のかと申しますと、シチュエーションからして、おそらく主人公は「俺と戦うにはお前は弱すぎる」と言いたかったのだと思います。

しかし役不足の正しい意味は「実力に対して役目が不相応に軽いこと」。
つまりこの主人公は「お前は俺の相手には強すぎる!」…と、敵前で自分の弱さを認めてしまったのです。

自分の方が強くて、お前じゃ相手にならん、と言いたいなら「お前じゃ力不足だ」が適当ですね。
このように誤用されている日本語は数多くありますので日常で口にしている言葉を見直してみてはいかがでしょうか。

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://estimate.sasshi-insatsu.com/hakase_web/inquiry/
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

▶ 続きを読む
Copyright © 2017 印刷・製本の冊子印刷のオリンピア All Right Reserved.