冊子印刷のオリンピア「スタッフによる冊子作成日誌」

冊子の作成前に知っておきたい、あんなコツこんなコツ〜見本編〜

オリンピア印刷の橋本です。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
梅雨といってもそんなに雨は降らないですよね。
え、そんなことはない?私が室内で仕事をしているせいでしょうか…。

オリンピア印刷では、企業や学校、官公庁、さらには個人のお客様からのご依頼も承っています。

冊子って見慣れたものですが、いざ作成しようと思うと、何から決めてどこから手を付ければいいのか、ちょっと分かりにくいですよね。
そこで、冊子を作成する際、あらかじめ知っておいたり、決めておいたりすると便利なコツをシリーズでご紹介したいと思います。

今回は、「見本」を使ってご依頼いただくと、いかに便利かというお話。

例えば、「持ちやすいサイズで」と思われていても、それがB5とA4では全く違いますし、「ツルツルした紙質で」とイメージされていても、コート紙もマット紙も、どちらもツルツルしてるといえばツルツルしてるんですよね。

さらに、デザインのテイストを言葉で伝えるのはもっと困難。
「赤」といってもピンク、エンジ、朱など幅がありますし、「明るい感じのデザイン」といっても、単純に明度を上げた色づかいか、ビビッドな色づかいかで雰囲気はガラリと変わります。

つまり、さまざまな種類や形式がある冊子というものを、共通認識がないまま言葉だけで伝え合おうとすると、限界が生じる場合があるのです。

そんな状況を一発で解決してくれるステキな存在が「見本」なのです!

「お花をたくさんあしらった、明るく華やかな表紙デザイン」では、漠然とし過ぎてちょっとイメージがつかめません。
試しに「お花 表紙 デザイン」で検索してみてください。
画像の検索結果がでてきますよね。

「お花 表紙 デザイン」の画像検索の結果

「お花 表紙 デザイン」の画像検索の結果

 

 

 

でも、「こんな感じよ!」

お花をたくさんあしらった、明るく華やかな表紙デザインの見本

お花をたくさんあしらった、明るく華やかな表紙デザインの見本

と見せていただければ「はい!あの感じですね」と、すぐに理解できます。
もちろん、このままのデザインはつくれませんが、テイストを活かすことはできます。

お客様の頭の中でつくりたい冊子のイメージが浮かんだら、それに近い冊子や書籍、雑誌などを手元に集めてみてください。
逆に、集めながらイメージを固めてもいいかもしれませんね。

その中からお好みのサイズ、紙質、紙の厚さ、デザインのテイストを見つけて、「こんな感じで!」と写メをご依頼メールとともにお送くりください。
現物じゃなく画像だけでも、十分、便利な見本になるのです。

デザインに関しては、書籍や冊子でなくても、チラシやポスター、CDジャケットなど、目で見てテイストを確かめられるものであれば何でも構いません!

また、弊社では15種類の無料表紙サンプルをご用意しています。
表紙はできあがったものから選びたい、そこまで時間をかけてつくれない、というお客様は、ぜひこちらからお好みに合ったデザインをお選びください。

無料で使える表紙デザイン15種類
▶ http://www.sasshi-insatsu.com/coverdesign/
(弊社にご注文いただくと無料でお使いいただけます。無料の表紙デザインを作成中です。乞うご期待ください。)

そもそも日本語は曖昧な表現が多いため、感情などの雰囲気を伝えることは得意だけれど、的確な表現で情報を伝えることは不得意なんだそうです。

だからこそ、見本を一緒に見ながらお話しさせていただくと、お客様にも無駄なストレスをかけることなく、間違いも減らして、スムーズに進めていくことができるのです。

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

2015年06月22日

Copyright © 2016 印刷・製本の冊子印刷のオリンピア All Right Reserved.