冊子印刷のオリンピア「スタッフによる冊子作成日誌」

[冊子印刷の豆知識]冊子や本の名称について―綴じ方編―

こんにちは。オリンピア印刷の橋本です。

ようやく週末ですね。皆さまいかがおすごしでしょうか。

以前のブログでは、「上製本」と「並製本」の違いについてご紹介しました。

▶[冊子印刷の豆知識]冊子や本の名称についてー製本編ー

http://www.sasshi-insatsu.com/diary/

その中で、少〜しだけ「綴じ方」についてお話しました。
「無線とじ」「あじろとじ」…など、耳慣れない単語が出てきて、 「え?え?何?」と思われたかもしれません。
そこで今回は「綴じ方」について簡単にお話しします!

綴じ方は、大きく分けると2種類。
接着剤を使う「無線綴じ」と、綴じ糸や針金を使う「有線綴じ」があります。

まず、無線綴じは背表紙の部分に、接着剤を塗って綴じる方法です。
がっちり綴じられるので、ページ数の多い冊子に使われることが多いです。

無線とじの本を上から見た写真です。接着剤が見えますね。

無線とじの本を上から見た写真です。接着剤が見えますね。

中でも、背の部分にスリットを入れて、接着剤をより深く浸透させる方法を「あじろ綴じ」と呼びます。

一方、有線綴じは、糸で綴じる「糸かがり(綴じ)」や 針金で綴じる「針金綴じ」があります。
さらに「針金綴じ」には、冊子を折って閉じた状態で 背の部分に上から針金を通す「平とじ」と、 本を開いた状態で真ん中から針金を通す「中とじ」があります。
見開きやすく、読みやすいのがメリットです。

こちらは中とじ。ページ数の少ない雑誌などでよく見かけます。

こちらは中とじ。ページ数の少ない雑誌などでよく見かけます。

並製本
(ソフトカバー)
無線とじ 無線とじ・
あじろとじ
「無線とじ」は糸や針金を使わずに、背をホットメルト(接着剤)でとじる方法です。
最も一般的なとじ方です。
背にスリットを入れて接着剤をより浸透させ、強度をあげる方法を「あじろとじ」と言います。無線とじとあじろとじは同じ見た目をしています。
無線とじの図
有線とじ 中とじ 表紙と中身を重ねて開き、背になる部分を針金でとじる方法です。
ページ数が少ないフリーペーパーやカタログによく用いられます。
中とじ
平とじ 背の端から5mm程度内側の部分を、針金やホチキスでとめる方法です。
中とじ

上製本
(ハードカバー)
有線とじ 糸とじ
アジロとじなど
冊子の中身となる、本文を綴じた束(つか)を作り、束の上に芯となるボール紙に紙やクロスを貼った表紙をかぶせて、製本したもの
記念誌や写真集などによく使われます。
上製本(ハードカバー)

有線綴じと無線綴じ、どんな冊子をつくるのか、目的に合わせた使い分けをご提案いたしますので、お気軽にお問合せください。

●問い合わせ先はこちら↓↓
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

2015年06月05日

Copyright © 2016 印刷・製本の冊子印刷のオリンピア All Right Reserved.