印刷の基礎知識 フォント

データ原稿を作成する前に、知っておけば便利な印刷知識を紹介します。

>>印刷の基礎知識 カラーモードについて詳しくはこちら
>>印刷の基礎知識 画像解像度について詳しくはこちら

フォントのトラブルを防ぐ方法

フォントは情報を伝えるために使用するとともに、デザインを決定づける要素の一つです。使用しているアプリケーションやフォントといった環境の違いにより、文字の字形が正しく表示されないことがあります。
それを防ぐための方法が次の2パターンです。
▼ PDFへのフォント埋め込み
▼ フォントのアウトライン化


PDFへのフォント埋め込み

PDFのフォントの埋め込み機能を利用します。この機能を利用すると、データ上で使用しているフォントが搭載されていないPCであっても、文字の字形やレイアウトが保持されます。


アウトライン化とは

イラストレーターまたはアクロバットでは、フォントのアウトライン化が可能です。
アウトライン化とは、文字を縁取りし図形化することです。アウトライン化した後に、文字を変更することはできなくなりますが、形だけが残りますので使用しているフォントがなくても、印刷が可能となります。
主にイラストレーターやAcrobat Pro で利用されます。

アウトライン化したフォント

問題なくご入稿いただけるフォント一覧

弊社にないフォントを使用されている場合、他のフォントに置き換わる場合があります。
フォントの置き換わりや文字化けを防ぐためには、PDF(X-1a形式、X-4形式)にてご入稿いただくか、フォントにアウトラインをかけてご入稿ください。

>>PDFへの変換方法
>>Illustrator(イラストレーター)でフォントにアウトラインをかける方法

WindowsArial、Batang、BookAntiqua、Bookman、OldStyle、Calibri、 Cambria、Candara、Century、ComicSansMS、Consolas、Corbel、CourierNew、Dotum、 Estrangelo、Franklin、GothicMedium、Garamond、Gautami、Georgia、Gulim、Gungsuh、 Helvetica、HG ゴシックE、HG ゴシックM、HG行書体、HG 教科書体、HG 丸ゴシックM-PRO、HG 明朝B、HG 明朝E、HGP ゴ シックE、HGP ゴシックM、HGP 行書体、HGP 教科書体、HGP 明朝B、HGP 明朝E、HGP 創英角ゴシックUB、HGP 創英角ポップ体、 HGP 創英プレゼンスEB、HG 正楷書体-PRO、HGS ゴシックE、HGS ゴシックM、HGS 行書体、HGS 教科書体、HGS 明朝B、HGS 明 朝E、HG 創英角ゴシックUB、HG 創英角ポップ体、HG 創英プレゼンスEB、HGS 創英角ゴシックUB、HGS 創英角ポップ体、HGS 創英プレゼンスEB、Impact、Latha、Lucida Console、Mangal、Microsoft Sans Serif、MingLiU、Monotype Corsiva、MS ゴシック、MS P ゴシック、MS P明朝、MS 明朝、メイリオ、MS Outlook、MSReference Sans Serif、MV Boli、NSimSunOCRB、Palatino Linotype、PMingLiU、Raavi、Segoe UI、Shrut、SimHei、SimSun、Sylfaen、Symbol、Tahoma Tahoma Bold、Times New Roman、Trebuchet MS、Tunga、Verdana、Webdings、ZWAdobe
Macintoshモリサワ、リュウミンL・R・M・B・U・H、太ミンA101、太ゴB101、見出ミンMA31、見出ゴ MB31、中ゴシックBBB、ゴシックMB101B・U・H、新ゴシックL・R・M・B・U、ダイナラブ、TypeMuseum(PSL-100)DFP フォント、新ゴシックL・R・M・B・Uダイナラブ、Type、Museum(PSL-100)DFP フォント


Copyright © 2017 印刷・製本の冊子印刷のオリンピア All Right Reserved.