マイクロソフト社office系ソフト/ジャストシステム社一太郎でのテータ作成方法

ワードやイラストレーターなど様々なソフトで作成されたデータ原稿に対応しています。
このページではマイクロソフト社office系ソフトおよびジャストシステム社一太郎でのテータ作成する際の注意点についてまとめています。
データを作成する前に一度ご確認ください。

>>Adobe社デザイン系ソフトでのデータ作成方法はこちら
>>PDFでのデータ作成方法はこちら

マイクロソフト社office系ソフトを印刷データとして使用する場合のチェックポイント

マイクロソフト社Officeデータを印刷用データに変換すると、以下のような現象が起こることがあります。
弊社では、事前に印刷サンプルやPDFをお送りしてご確認いただいております。


色変換すると濁ります

RGB CMYK
印刷はCMYKという色の三原色に基づいており、パソコンのディスプレイはRGBという光の三原色に基づいて表現されます。
ワードやパワーポイントのデータを作成したものを印刷すると、色が濁った、くすんでしまったと感じる場合があります。特に鮮やかな色は、その傾向が強く現れます。
初めてご注文いただく冊子では、印刷サンプルを初回無料でお送りしておりますので、実際にご確認いただけます。

フォントが置き換わります

フォントの崩れ フォントの崩れ

お客様がお使いのフォントが、弊社にない場合、フォントが置き換わる可能性があります。
事前に弊社にあるフォント情報をご確認ください。
弊社に該当するフォントがない場合、PDFにてご入稿いただくか、紙原稿にてご入稿いただく形になります。

※アプリケーションを購入した際に付属でついてくるフォントなどは、PDFに埋め込むことができない場合がございます。

>>お使いいただけるフォント一覧

レイアウトの崩れが生じてしまう場合があります

レイアウトの崩れ レイアウトの崩れ

WordやPowerPointといったマイクロソフト社Officeデータは、パソコンの環境によって、文字の位置がずれてしまったり、改行が変わってしまうということがあります。
マイクロソフト社Officeデータは、1ページの概念がなく、当然、お客様のPC環境と弊社のPC環境は同じではないため、こういった現象は生じます。
弊社では、その現象の影響を最小限に抑えるため、レイアウトの崩れが生じている箇所などは、校正をお送りする際にご案内させていただいております。

▲このページの上部に戻る

マイクロソフト社office系ソフト共通のご注意点

バージョン情報について

お客様がデータを作成されたOfficeのバージョンと、弊社で作業するOfficeのバージョンが異なると、レイアウトが大きく崩れてしまうことがあります。
データをお送りいただく際、制作されたOfficeのバージョンを必ずご確認の上、お知らせください。

▼Wordのバージョンの確認方法について詳しくはこちら
▼Excelのバージョンの確認方法について詳しくはこちら
▼Power Pointのバージョンの確認方法について詳しくはこちら


フォントについて

■安全にお使いいただけるフォントについて
お客様のお使いのフォントが、弊社にない場合、フォントが置き換わる可能性があります。
事前に弊社にあるフォント情報をご確認ください。
弊社に該当するフォントがない場合、フォントが埋め込まれたPDFか、紙原稿をお送りください。

>>お使いいただけるフォント一覧

■文字バケについて
Office系ソフトの場合、ユーザー外字などを使用されている場合、弊社の環境と外字コードが一致しないために文字バケが発生します。ユーザー外字などはご使用にならないでください。

■文字の特殊修飾や効果
文字の特殊修飾や効果は印刷時に表現出来ない場合があります。
PDF化出来る場合には変換後のチェックが必要です。

●Wordで修飾文字を使用した場合


●PDF化した場合

※この場合は問題なく変換出来ていますが、作成方法やデータの負荷状況によっては表現が不十分な結果が発生する場合があります。


仕上がりサイズ付近のレイアウト

■レイアウトについて
仕上がりサイズの付近までに文字や図柄を置いた場合、断裁時に文字切れ等を起こす場合があります。
余白は少なくとも3mmは設けてください。
また、余白部分に文字や図柄を配置しないでください。(縁なし印刷の場合は別)

■縁なし印刷について
Windows系ソフト(Word・Excel・Power point・一太郎)で縁なし印刷をイメージして作成されたデータの場合、弊社にて裁ち落としを作る作業を行います。データ送付時に以下どちらにされるかご指示ください。
・少し縮小して周囲を白場扱いする。
・少し拡大(約103%)して裁ち落としを作る。

※少し拡大する場合、仕上がりサイズ付近まで文字や図柄があると、断裁時に切れる可能性があります。
仕上がりサイズから3mm以内の範囲には文字や図形、画像を配置しないようにご注意ください。

●仕上がり加工(拡大・縮小)のイメージ

※黄色線は実際の仕上がり位置(断裁位置)

  • ①拡大の場合、仕上がりサイズより少し拡大して加工用塗り足しを作る
    (実サイズより若干大きくなり端の部分はカットされます)

  • ⓶縮小の場合、仕上がりサイズより少し縮小して紙面周りを白場で表現する
    (実サイズより若干小さくなります)

印刷で再現できない罫線の太さについて

罫線は、0.25pt 以上の太さで作成してください。
たとえば0pt の太さで罫線の設定を行った場合、画面やプリンタでは印字されます。
印刷の場合には、「0pt の太さ」つまり「印刷されない」状態で再現されます。

マイクロソフト社office系ソフト Wordのご注意点

Wordデータのバージョンの確認方法

①左上のOfficeボタンのメニューよりWordのオプションを選択する


⓶リソースメニューよりバージョン情報が確認出来る


マイクロソフト社office系ソフト Excelのご注意点

●シート内にマクロやリンクを貼らないでください。
●ノンブルが無い場合、ページ順指示が必要です。
●セル中の文字があふれて隠れてしまう場合があります。特にExcelはPDF入稿をおすすめします。


EXCELのバージョンの確認方法

●左上のOfficeボタンのメニューよりExcelのオプションを選択し、リソースメニューよりバージョン情報が確認出来る


マイクロソフト社office系ソフト Power Point のご注意点

●紙面全体でのレイアウトが多いPower point の場合、弊社が裁ち切りを拡大して表現するか、縮小して白場を作る作業を行いますのでどちらかを入稿時にご指示ください。

●仕上がり加工(拡大・縮小)のイメージ

※黄色線は実際の仕上がり位置(断裁位置)

  • ①拡大の場合、仕上がりサイズより少し拡大して加工用塗り足しを作る
    (実サイズより若干大きくなり端の部分はカットされます)

  • ⓶縮小の場合、仕上がりサイズより少し縮小して紙面周りを白場で表現する
    (実サイズより若干小さくなります)

Power pointのバージョンの確認方法


ジャストシステム社一太郎のご注意点

バージョン情報について

弊社では、次の一太郎のバージョンと拡張子に対応しています。

●対応バージョン: 一太郎 2016
●対応拡張子: jtd、jtt、jtdc

ご使用になられている一太郎が弊社対応バージョンと異なる場合は、PDFへ変換して弊社までお送りください。

PDFへの変換方法

1.メニューより「ファイル>他形式の保存/開く>PDF保存」をクリックしてください。


2.ファイル名を入力して、保存形式が「PDF形式」になっていることを確認して、「OK」をクリックしてください。


▲このページの上部に戻る

Copyright © 2017 印刷・製本の冊子印刷のオリンピア All Right Reserved.