冊子印刷のオリンピア「スタッフによる冊子作成日誌」

言葉の違いを知ろう「謹呈(きんてい)と贈呈(ぞうてい)」

こんにちは、オリンピアの益子です。
9月に入りましたが、まだまだ残暑が続きますね。

以前、弊社で製作した記念誌を見ていたら二つ折りの挨拶状がはさまっていました。
挨拶状の表には「謹呈」と印刷されており、何だか格式を感じます。

 

挨拶状には、記念誌を制作した経緯や、読んでいただきたいという気持ちなどが綴られていました。

挨拶状には、記念誌を制作した経緯や、読んでいただきたいという気持ちなどが綴られていました。

 

ご存知の方も多いとは思いますが「謹呈」は、人に物を贈るという意味です。
けれど先日、新聞で「記念品を贈呈しました」という一文を読みました。

そこで「謹呈」と「贈呈」には、一体どんな違いがあるのか?

…と気になり、少し調べてみると「謹呈」は、謹んで目上の方に何かを贈る場合に使う言葉だそうです。

記念誌に「謹呈」を添えた場合は「敬意を込めて記念誌を差し上げます。ご覧いただけましたら、幸いです。」
というような、かしこまった態度を表現していることになります。

 

次に「贈呈」は慶弔やお見舞い以外で会社や団体、個人などに何かを贈る際に使用する言葉です。
例えば、スポーツの大会などで主催者が選手に優勝のトロフィーなどを贈る場合には「贈呈」という言葉を使用することが多いようです。
けれど「謹呈」とは違い、目上の人には使わない方が良い言葉らしいので、注意が必要ですね。

 

皆様の身の回りにも似ているけど、明確な意味が違う言葉が数多くあると思います。
言葉を改めて注意して見てみると新しい発見がある…かもしれませんよ。

 

企業さまがお作りになる記念誌の多くは、お世話になっているお取引先に日頃の感謝をお伝えするツールとしても使われます。

企業さまがお作りになる記念誌の多くは、お世話になっているお取引先に日頃の感謝をお伝えするツールとしても使われます。

 

●問い合わせ先はこちら●
・フリーダイヤル:0120―55―8637(「冊子印刷の件」とお伝えください。)
・問い合わせフォームはこちら↓
https://www.sasshi-insatsu.com/p_bookletform/p_asahi_inquiry.php
営業時間:平日9時~19時まで(定休日:土・日・祝)
オリンピア印刷株式会社

 

2017年09月04日

Copyright © 2017 印刷・製本の冊子印刷のオリンピア All Right Reserved.