冊子印刷 よくいただくご質問

ご注文について

サービス全般に関して

注文の流れを教えてください。
どのように注文したらよいのでしょうか?

弊社のホームページの自動見積もりフォームから、冊数、仕様等を選んでいただき、必要事項をご入力・ご選択いただくと、価格を表示いたします。そのままご注文いただける場合は「注文へ進む」ボタンをクリックしてお進みください。

▶冊子印刷 ご注文の流れ ▶自動見積フォームはこちら

だいたいの金額を教えてもらえますか?

自動見積りフォームより、お調べいただけます。
自動見積りで選べない仕様の場合は、電話やメール、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

▶お問い合わせフォームはこちら

お電話の場合はこちら:0120-55-8637(受付時間:月~金 9:00〜19:00/定休日:土・日・祝祭日)

どのくらいの期間で(納期)出来上がりますか?

【通常納期の場合】
通常(無線とじ、中とじ)の場合、弊社の営業日の午前中までに「校了」のご連絡をいただきましたら、 翌営業日から数えて5営業日後に、弊社から発送いたします。
※冊子、ページ数、オプションによっては通常納期よりも日数がかかる場合がございます。

【特急納期の場合】
特急の場合も、弊社の営業日の午前中までに「校了」のご連絡をいただきましたら、 翌営業日から数えて3営業日後に、弊社から発送いたします。
※冊子、ページ数、オプションによっては特急納期が対応できない場合もございます。

▶詳しくは「納期表」をご参照ください。(納期表は校了後の日数です)。 ▶校了とは

何冊から注文できますか?

1冊からご注文いただけます。無線とじ、中とじ、上製本のいずれも、印刷から製本まで弊社におまかせください。
価格につきましては自動見積もりフォームをご利用ください。

▶自動見積フォームはこちら

印刷前に確認できますか?

2種類の確認方法がございます。
①メールで確認:「PDF校正」をメールでお送りいたします。
②紙で校正したい:印刷サンプル(お試し印刷)の無料サービスもございます。
紙での校正をご希望の場合は、ご注文の際に、「かんたん自動見積フォーム」にて「印刷サンプルの配送を希望する」にチェックを入れてください。

★お客様による校正のご確認をいただき、「校了」のご連絡をいただくまでは、印刷へ進めることはございません。

▶校了とは

原稿データ送付後に修正できますか?

「校了」までは何回でも差し替えは可能です。
その場合、お客様ご自身で修正をお願いいたします。

原稿の差し替えは、2回目まで無料です。
3回目以降の原稿の差し替えは、別途料金がかかります(3,300円(税込)~/1回)。

▶校了とは

以前注文した冊子を増刷したいのですが、どのようにすればいいのでしょうか?

前回ご注文の時期と、冊子タイトル名・冊数を、メールやお電話でお知らせください。

▶再注文(増刷)割引特典

冊子を作りたいのですが、何からお願いしたらいいのか分からないのです。

まずは、弊社の「冊子づくりの手引き」資料をご請求ください。
原稿の作成、冊子の外観、用紙についてはもちろん、ご注文方法や納期について詳しくご案内している冊子型の資料となります。お電話でお問い合わせいただく際も、お手元にこの「冊子づくりの手引き」をご用意いただきますと、同じページを見ながらスムーズご確認いただけます。

▶「冊子づくりの手引き」資料のご請求はこちらから

▶5分で分かる冊子の作り方

編集はしてもらえますか?

無料で行う編集サービスがございます。
ご注文の際に備考欄等にご要望をご記載ください。

・原稿と仕上げたいサイズが違う場合のサイズ変更
B5の冊子にしたいが原稿はA4で作成した、など
原稿サイズと仕上がりサイズが違っても無料で拡大や縮小して
ご希望の仕上りサイズへ変更をいたします。
※原稿そのままを「拡大・縮小」するので、1ページの文字数は変わりません。

・読みやすくするための微調整をいたします。
原稿を縮小して綴じ側を広げて読みやすくする調整をいたします。
※原稿そのままを「縮小」するので、1ページ辺りの文字数は変わりません。
※文字の大きさは縮小する分、小さくなります。

他にも以下のようオプションで対応可能です。
弊社でページ番号をつける(無料)
背表紙にタイトルを入れる(無料)
表紙の裏、裏表紙の裏に印刷をする(無料)

・オリンピアオリジナルの表紙デザインを選択された場合、タイトル・著者名(社名)等、無料でお入れいたします。

▶無料で使える、表紙デザインサンプル一覧

オプションサービスについて

表紙の裏、裏表紙の裏に印刷をすることはできますか?

可能です。
「かんたん自動見積フォーム」のお見積金額は、表紙は両面印刷換算となっておりますので、 両面印刷にしていただくほうが実はお得です。
ご希望の場合は、「かんたん自動見積フォーム」からご注文いただく際に、 「表紙の裏、裏表紙の裏に印刷をする」にチェックを入れていただき、
①表紙の裏のみ
②裏表紙の裏のみ
③両方へ
3パターンのいずれかを選択してください。

▶自動見積フォームはこちら

自費出版を考えています。書店やネットショップで販売したいのですが、そのためには、ISBNコードが必要と聞きました。オリンピアでISBNコードを取得することはできますか?費用はどのくらいかかりますか?

書店やインターネットにて冊子を販売するには、冊子にISBNとJANのバーコードを入れる必要があります。
ISBNコードは書籍出版物の書誌を「特定する」ための13桁からなるコード番号(図書館の検索コードもこれにあたります)、 JANコードは「市場で流通・販売する」ために表記が不可欠なコード番号です。
弊社にてご注文いただく冊子であれば、別途5,500円(税込)でバーコード作成させていただきます。

ご注文の際に「JANコードおよび ISBNコードの取得・生成 (別途お見積もり)」にチェックを入れてください。
ご注文確認後、コード番号をメールでご案内いたします。
※価格を付けないで寄贈や納本される場合は、JANコードは不要、ISBNコードのみで問題ございません。

書籍を流通させたい。

販売するために必要なものが「ISBNコード」と「JANコード」です。

ご注文の際に「JANコードおよび ISBNコードの取得・生成 (別途お見積もり)」にチェックを入れてください。
ご注文確認後、コード番号をメールでご案内いたします。

※弊社は出版会社ではないため流通のお手伝いはできません。
※Amazon様等への納品は承りますが、必要な手続きはお客様ご自身でお願いします。

ページ番号はつけてもらえますか?

はい、本文に新たにページ番号をつけることが可能です(無料オプション)。
自動見積りフォーム「関連サービス、その他のご要望について」 にて、ページ番号の位置をご指示ください。
※目次制作はしておりません。
※すでにページ番号が付いている場合は、弊社で削除して付け直します。(削除は有料:1,650円税込)

背文字を入れたいのですが、オリンピアでつけてもらうことはできるのでしょうか?

はい、可能です(背表紙文字作成サービス・無料オプション)。
書棚などに立てて並べるときに見える、本の背の部分に背文字を入れるサービスです。
シリーズものの冊子や、ページ数の多い幅の太い冊子には、背表紙を入れられることをお勧めします。
ご自身で作成されたい場合は、データをご用意ください。背幅の調整はオリンピアにて無料でおこないます。

※背表紙文字をお入れできるのは、背幅0.3cm以上です(上質紙70㎏(一般的なコピー用紙相当)で60ページ(30枚)くらい)
▶タイトルを入れる背幅の自動計算はこちらです(0.3cm以上必要)

仕様について

印刷・製本について

一般的な仕様が知りたい。

サイズや用紙など、用途別のおすすめ仕様「用途から選んで自動見積」をご用意しました。 どうぞご活用ください。

▶用途を選び、おすすめ仕様から自動見積の場合はこちら

冊子のサイズはどのようなものが対応可能ですか?
変形サイズでも対応してもらえるのでしょうか?

規格サイズのA3、B4、A4、B5、A5、B6、新書判、文庫判 などのほかに、 正方形などの変形サイズなども対応可能です。
※製本方法により対応可能なサイズが異なるため、詳しくは以下のページをご参照ください。

▶無線とじ(くるみ製本) ▶中とじ(ホッチキス留め) ▶上製本(ハードカバー)

縦とじと横とじの違いを教えてください。

縦とじと横とじの違いは「縦長か、横長か」です。

縦とじは、冊子の長辺(長い方)がとじられていることを意味します。
出回っている冊子の多くはこの長辺とじです。(大学ノートなど)

横とじは、冊子の短辺(短い方)がとじられていることを意味します。
ポートフォリオ・作品集など横長の冊子にされたい方は横とじをお選びください。

製本方法は、どのような種類があるのでしょうか?

弊社では3種類(無線とじ・中とじ・上製本)の製本方法がございます。

▶無線とじ(くるみ製本)報告書や取扱説明書、問題集やテキスト、商品カタログ、会社案内、シナリオ、台本、小説、記念誌などに幅広く選ばれます。

▶中とじ(ホッチキス留め) カタログ、パンフレット、会社案内、情報誌、会報などに向いています。

▶上製本(ハードカバー) 修士論文や博士論文などの論文、卒業アルバム、小説、記念誌、追悼集などによく用いられます。 横とじ上製本は、絵本、作品集に多いです。

本文のページの数え方を教えてください。

印刷方式(両面印刷か片面印刷)によってページ数の数え方が変わります。

・両面印刷:用紙の裏表に印刷する場合で、片面ずつカウントします(1枚で2ページ)
・片面印刷:用紙の表面のみに印刷する場合で、片面のみカウントします(1枚で1ページ) 。裏面は白紙になります。

※混在(両方が混じっている)の場合:両面印刷と同じ数え方になります。白紙も1ページとして数えます。
※本文の途中に入る白ページは、モノクロ印刷換算となります。

印刷方式の「オンデマンド/ オフセット違い」は何ですか?

使用するインクや部数による場合などがありますが、要約いたしますと以下のとおりです。

・1冊~300冊くらいまでの部数で、お安く印刷対応しているのが「オンデマンド印刷」
・1000冊~のような大部数印刷の場合は「オフセット印刷」が割安に仕上がります

※データどおりに厳密に色を合わせたい場合は、データを4色(CMYK)で作成いただいた上で、オフセット印刷でご注文ください(色校正をご希望の場合は、別途、色校正料金がかかります)

▶色校正について

用紙について

どんな紙を選んでいいのかわかりません。

用途別のおすすめ仕様「用途から選んで自動見積」や、「5分でわかる冊子の作り方」ページの「ステップ3:紙を選択しましょう」に、表紙と本文のお勧めや、最適な用紙のご案内をしております。 ご活用ください。

▶用途から選んで自動見積

▶5分でわかる冊子の作り方

データ・ご入稿について

入稿データについて

入稿方法がわかりません。

ご入稿はご注文後となります。

①まず、「かんたん自動見積もりフォーム」から、WEB注文をお願いいたします。 ▶自動見積フォームはこちら

②ご入稿完了後に弊社からお送りする自動返信メール(件名『【冊子印刷:ご注文完了】原稿ご入稿のご案内』)にて、お客様専用ご入稿アドレスをご案内いたします。
お急ぎでなければ、CDやUSBといったメディアにてご郵送でのご入稿も承ります。
詳しくは、自動返信メール『【冊子印刷:ご注文完了】原稿ご入稿のご案内』をご確認ください。

データの送付方法(入稿方法)とタイミングについて

WEB注文後、『【冊子印刷:ご注文完了】原稿ご入稿のご案内』という件名の自動返信メールが届きます。
主に2つのご入稿方法がございます。
お客様の環境にあった方法でご入稿ください。

①インターネットでご入稿(ご注文完了後、お客様専用入稿アドレスをメールでお送りいたします)
②メディアでご入稿(USB・CDなどを弊社宛に郵送してください)

▶詳しくはこちらをご参照ください

入稿できるファイルの種類が知りたいです。
どんなファイル形式で入稿できますか?

PDF・JPG・TIFなどのほか、以下形式でも承ります。

【マイクロソフト社のオフィス系データ】ワード・パワ-ポイント
【Adobe社のデータ】Illustrator・InDesign・Photoshop
【ジャストシステム社】一太郎

※PDF・JPG以外の入稿形式は、ファイル数によってデータ変換手数料がかかる場合がございます。(ワードファイルが4ファイル以上ある場合、など)

▶データ原稿については詳しくはこちらをご参照ください

入稿できるファイル数の上限はありますか?

何ファイルでも対応いたします。
ただし、合計ファイル数に応じて印刷用データへの変換手数料がかかる場合がございます。
(PDFやJPEG・TIFなどの画像ファイルは何ファイルでも無料です)

※冊子構成の誤りを防止するため、複数のファイルがある場合はファイル名の先頭に連番をつけてください。
(例:01_ファイル名、02_ファイル名 など)

■追加料金が発生する場合
ワード・パワーポイント・Illustrator・InDesign・Photoshop・一太郎は4ファイルまでは無料です。
5ファイル目以上はデータ変換手数料がかかりますのでご留意ください(1ファイルにつき1,100円(税込))

▶印刷用データ変換手数料について

カラーとモノクロが混在していますが大丈夫ですか?

本文にカラーとモノクロ印刷が混在していても問題ございません。
本文の途中に調整のために白ページを挿入される場合、白ページはモノクロ換算でお見積りさせていただきます。
価格につきましてはかんたん自動見積フォームをご利用ください。

▶自動見積フォーム

カラーとモノクロはどのように指示したらいいのでしょうか?

弊社の「カラーページ指示書(エクセル)」をご活用ください。
「かんたん自動見積もりフォーム」からご注文後、以下からダウンロードいただけます。

・ご注文完了画面
・ご注文完了後の自動返信メール(件名『【冊子印刷:ご注文完了】原稿ご入稿のご案内』)内 ・お客様専用データ入稿画面

ダウンロードのうえ、カラーページをご入力いただき、ご入稿データと一緒にお送りください。

A4データからB5データへ変換できるか?

はい。規格サイズへの原稿の拡大・縮小は無料で対応させていただきます(全ページ同一サイズ・共通の倍率に限ります)

完全データとはどんなデータですか?

完全データとは、弊社にて編集や修正作業をする必要がなく、そのまま印刷作業を進めても問題がない状態のデータを指します(PDF・JPEG・TIF)。

※ワード・パワーポイント・Illustrator・InDesign・Photoshop・一太郎形式のファイルは、パソコン環境によって見え方が変わる場合がある為、完全データではございません。

▶マイクロソフト社office系ソフト/ジャストシステム社一太郎でのデータ作成方法

▶Adobe社デザイン系ソフトでのデータ作成方法

▶PDFでのデータ作成方法

データ作成

色にこだわりがあり、イメージ通りの色に仕上げたいのですが方法はありますか?

イメージ通りに仕上げたい場合は、印刷用のカラーモード「CMYK」でデータ制作をお願いします。
CMYKとはC(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック) Adobe社イラストレーターやインデザインは、印刷用の専門アプリケーションのため、「CMYK」で色を作成することができます。

■ワードやパワーポイントなど、マイクロソフト社Officeや一太郎のデータの場合 マイクロソフト社Office系や一太郎などは、パソコンのディスプレイで見るソフトのため、「RGB」という、光の三原色を使用したカラーモードで作られています。
これらのソフトでは、「CMYK」では作成することができません。
ワードやパワーポイントなどのマイクロソフト社Officeや一太郎のデータの場合は、弊社にて印刷用データ(RGB→CMYK)に変換いたしますのでご安心ください(無料)。
変換したデータは、2種類の校正(PDFか、印刷サンプル)で、印刷前にご確認いただけます。

▶Adobe社デザイン系ソフトでのデータ作成方法はこちら

▶カラーモード(CYYK)について  ※RGBからCMYKへ変換したデータは、色の沈んだ印象や、くすみがかった印象となります。

■本機色校正について
オフセット印刷をお選びの場合は、オプションの「本機色校正」にて色を合わせる方法がございます。(別途お見積り)
自動見積もりフォームの合計金額には、色校正代金は反映されないため、印刷方式にて「オフセット印刷機」をお選びのうえ、オプション加工の「本機色校正を希望する」にチェックをお願いします。 ご注文後、担当者より詳細をご連絡いたします。

原稿の作成を手伝ってほしい。

大変申し訳ございませんが、弊社では完成された原稿のみ受け付けております。
弊社での口絵挿入、文字起こし、代理での文章作成など原稿の作成は承っていないためご要望にお応えすることができません。

手元にある資料を複製できますか?

はい、承っております。
プリントした原稿・元のデータがない原稿・手描きの原稿・切り貼りがある原稿・製本された冊子など、紙のままの原稿も承っております。
弊社にてスキャンし印刷データを制作、もしくはお客様ご自身でスキャンしてデータ化したものをご入稿いただき、冊子制作が可能です。
※申し訳ございませんが、データ化のみは承っておりません。

▶紙原稿について

手書き原稿をデータ化してもらえますか?
手書き原稿を渡すので、一からデータ作成をお願いできないか?

大変申し訳ございませんが、弊社では完成されたデータのみのお取り扱いとなります。 手書き原稿から文字入力して原稿作成は承っておりませんので、ご希望な場合は入力を専門に扱う会社へご依頼することをお勧めいたします。

データ不備はどんなものが多いですか?

データ不備とは、ご入稿いただいた印刷データが不完全な状態であることをいいます。 次のような場合は再制作をお願いする場合がございます。

□原稿のサイズが揃っていない(A4とB5が混合など) ⇒同じサイズに統一してご入稿をお願いします。

□全面印刷希望だが、塗り足しがない原稿サイズで作成されている⇒塗り足しありの原稿サイズでご入稿をお願いします。

▶塗り足しについて ※塗足しデータの制作が難しい場合は弊社にて拡大して対応いたしますが、  周囲四辺の必要な部分(文字やイラスト、写真など)が切れてしまうなどの問題がある場合は、その限りではありません。

□イラストレーターの文字のアウトライン化・画像の埋め込みがされていない。⇒ご対応をお願いします。 ▶Adobe社デザイン系ソフト

□ワードの改行位置が狂っている、文字の一部が隠れたり欠けたりしている⇒作成元のPC・ソフトにて、PDF変換してご入稿ください。 ▶マイクロソフト社office系ソフト/ジャストシステム社一太郎でのデータ作成方法

PDFデータで入稿して、印刷用PDFに変換した時に文字が変わることがあるのか?

PDFでも、文字がアウトライン化されていない状態で保存された場合は、文字が置き換わることがございます。
万が一、置き換わった場合はお客様にお伝えいたしますが、事前に「フォント埋め込み」と「アウトライン化」したデータでご入稿いただきますと、スムーズに校正を進めることができます。

▶PDFへのフォント埋め込み

全面(端まで)印刷はできますか?

はい、対応可能です。
全面印刷ご希望の場合は、「塗り足し」ありのデータをご用意ください。
塗足しデータの制作が難しい場合や、原寸サイズの原稿の場合は、弊社にて拡大することで全面印刷にすることもできます。

▶塗り足しについて ※塗足しデータの制作が難しい場合は、弊社にて拡大して対応いたしますが、
 周囲四辺の必要な部分(文字やイラスト、写真など)が切れてしまうなどの問題がある場合は、その限りではありません。

塗り足しありのデータはどう作成したらいいでしょうか?

仕上がりサイズに縦・横それぞれ3ミリずつ(計6mm)足していただき、周囲3ミリずつ大きくページ設定してください。
詳しくは以下ページをご覧ください。 ▶塗り足しについて

余白はどの程度作るのが適切ですか?

A4サイズ相当で、周囲に10㎜程度余白があると、バランスよく見えます。 読まれる方や使用する目的によって変わるため、お好みで調整してみてください。

奥付に入れる必須条項はありますか?
奥付は作ってもらえますか?

奥付に記載する項目に特に決まりはございませんが、一般的には、①冊子タイトル・②著者名・③発行日等を入れられる場合が多いです。
他にも、著者プロフィール/発行元/印刷所/装丁/企画/編集などを記載することがございます。
自費出版をされる場合は、奥付をつけられることをお勧めしております。
※弊社では奥付の制作はしていないため、必要な場合はお客様にて作成をお願いいたします。

▶自費出版サポート

ワードの文字の大きさはどれくらいですか?(ポイントでいうとどれ?)

目的、冊子サイズ、読まれる方により異なるためお答えできかねますが、見やすい文字の大きさで、行間を詰め過ぎず、適度な余白を設けることは、読みやすい冊子をつくるために重要なポイントです。
ページ単位でバランスを見ながら文字の大きさを決め、お手元のプリンターで仕上りサイズでのテスト出力されることをお勧めします。

冊子のとじ側は広くしないといけないのでしょうか?

必ずしなければならないわけではございません。
余白を左右均等に10mm~15mmで設定いただきましたら弊社にて読みやすいように調整させていただきます。

※余白が10mm以下の場合は弊社での調整が難しい可能性がございます。

ブックカバーのテンプレートはありますか?

はい。ブックカバーのテンプレートはこちらからダウンロードしていただけます。

▶準備中

その他

テンプレートはありますか?

弊社では以下のテンプレートをご用意いたしております。

■ブックカバー

無線とじ
【A4(縦、横)・A5(縦、横)・B5(縦、横)・B6(縦、横)・文庫(A6)(縦)・新書(縦)】

上製本 【A4(縦、横)・A5(縦、横)・B5(縦、横)・B6(縦、横)】

■カラー上製本の表紙(規定のサイズとは異なります)

A4(縦、横)・A5(縦、横)・B5(縦、横)・B6(縦、横)
▶準備中

■【CDレーベル】(CD盤面へ印刷するレーベル)

※全てIllustrator(イラストレーター)でのデータ作成用となります。 ※本文原稿用のテンプレートのご用意はございません。

▶データ原稿の作成について詳しくはこちら

校正について

紙サンプル・PDFの校正について

校了(チェック完了)とはどう言う意味ですか?

お客様に印刷データを確認していただき、チェック完了(OK)のご連絡をいただいて「印刷を進めても良い状態になること」です。
※お客様からのデータの送付日が校了日にはなりませんので、ご注意ください。

印刷サンプルって何ですか?

お客様の原稿を紙に出力してお送りするサービスです。 初めて印刷サンプルをお送りする場合は無料、2回目以降は1冊1,650円(税込)がかかります。

▶印刷サンプルについて

印刷サンプルの用紙は注文通りのもので届くのでしょうか?

印刷サンプルは、文字・レイアウト・仕上がりイメージなどをみていただく確認用になります。
弊社にある在庫紙を使用して印刷サンプルを作成いたします。ご注文の用紙が在庫にない場合は、異なる用紙でのお届けとなります。
その場合は、用紙・厚さ・色見本を同梱させていただきますので、 用紙についてはそちらでご確認ください。

▶印刷サンプルについて

二回目も印刷サンプルが欲しいのですが可能ですか?

はい。可能です。
2回目以降は有料になります。(1冊につき、1,650円(税込))

その他

校正はそちらでしていただける(お任せできる)のでしょうか?

校正は、お客様ご自身でお願いいたします。
弊社で気が付いた箇所をお伝えしておりますが、全ページをチェックしているわけではないため、最終チェックはお客様ご自身でお願いします。

お支払い・発送について

お支払いについて

支払い方法とタイミングについて

お支払方法は以下がございます。自動見積りフォームからWEBご注文の際に選択できます。
銀行振込・クレジット払い・代金引換・PayPal・法人後払い

校了後に発送予定日が確定しましたら、メールでお支払いをご案内いたします。 発送日の2営業日前までに、お支払いを完了いただけますようお願いいたします(商品の発送は、弊社にて入金確認後になります)

▶お支払いについて

クレジット払いで請求書が欲しい。

恐れ入りますが、承ることは出来かねます。
ご利用になるクレジットカード会社へ直接お問い合わせいただくか、銀行振込でのお支払いをご検討ください。
銀行振込の場合、発行が可能です。

▶お支払いについて

クレジット払いで領収書をいますぐほしい。

恐れ入りますが、承ることは出来かねます。
領収書の発行をお急ぎの場合は、銀行振込でのお支払いをご検討ください。
銀行振込の場合、発行が可能です。

▶お支払いについて

請求書の日付を年度末(3/31付など)にしたいができますか?

はい、承ります。
自動見積フォームからご注文時に、自由記入欄にてお知らせください。

▶自動見積フォームはこちら 「関連サービス、その他のご要望について入力」の項目に、自由記入欄がございます。

見積書の日付をなしで発行してほしい。

恐れ入りますが、承ることは出来かねます。
見積書には発行より1か月の有効期限がございますため、必ず日付をお入れしております。

領収書の宛名をなしで発行できますか?

恐れ入りますが、承ることは出来かねます。
領収書の宛名は、「誰が誰に対して」発行したものかを示す重要な情報となりますため、必ずお入れしております。

領収書の日付をなしで発行してほしい。

恐れ入りますが、承ることは出来かねます。
領収書の日付は、その領収書が「いつ」から有効なのかを証明する重要な情報となりますため、必ずお入れしております。

領収書を(校了より)先に発行してほしい。(校了前に支払をすませたいができますか?)

はい、承ります。
校了前(仕様確定前)のお支払いをご希望なさる場合、以下の内容についてご留意をお願いいたします。

・お支払い後、仕様の変更等により追加料金が発生した場合には、差額をご請求させていただきます。
・お支払い済の金額より最終見積金額が減額になった場合の過剰金につきましては、経理処理の都合上、返金対応はいたしかねます。

納品前に納品書を発行してもらうことはできるか?

恐れ入りますが、承ることは出来かねます。
納品書は、お客様が商品を受け取った証拠となる書類のため、商品と同梱でのお届けとさせていただいております。
また、納品書には弊社からの発送日をお入れしており、日付の変更はお受けできかねます。

発送について

複数発送はできるか?

はい、承ります。※代金引換を除きます。
複数の宛先への発送(分納)をご希望の場合は、自動見積フォームよりご注文時にご指示ください。

・最高99件まで、承ります。
・送料は、国内1カ所への同時発送に限り無料です。
 2ヶ所目以降は、1ヶ所につき、1,650円(税込)にて承ります。(発送先が沖縄県の場合は別途+1,100円(税込))
・発送先が5カ所以上の場合は、お電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 複数発送先のご指定に便利な、「分納発送用シート」(Excel形式)をご用意しております。

▶自動見積フォームはこちら  「オプションについて入力 ⇒ 「分納」の項目よりお申込みいただけます。

お電話の場合はこちら:0120-55-8637(受付時間:月~金 9:00〜19:00/定休日:土・日・祝祭日)
▶お問い合わせフォームはこちら

運送会社の指定はできますか?

恐れ入りますが、承っておりません。
ヤマト便でのお届けとなります。
お届けの日時をご指定いただけます、必要な場合はご注文時にご指示ください。

複数か所への納品を希望しています。送料について教えてください。

2ヶ所目以降は、日本国内一律1,650円(税込)にて承ります(沖縄県は別途1,100円(税込))。

発送元の変更はできますか?

はい、承ります。
手配が必要ですので、校了(チェック完了)時までにご指示ください。

その他・サービスについて

流通関係について

冊子の出版・流通について教えてください。

弊社では、以下の内容でお客様の自費出版をサポートいたします。

・ISBNや書籍JANコードを取得代行
・国会図書館への納本
・Amazonフルフィルメントセンターへの納品

▶自費出版サポートについて

■ご注意点
弊社は出版社ではございません。
そのため、一般書店等への流通のご依頼は承っておりません。
恐れ入りますが、流通についてはお客様ご自身でお手配ください。

国会図書館へ納本したいと考えています。
代行してもらうことはできますか?

はい、承ります。
弊社へご注文くださった冊子については、国会図書館への納本を代行いたします。
ご注文時にその旨、ご指示ください。

■納本対象
 ○ 学会誌、紀要、企業・団体の記念誌、調査研究報告書、郷土資料など、
   頒布を目的として100部以上発行されたすべての出版物が対象となります。
 ○ 長期保存に耐える製本形態である必要があるため、無線綴じ、もしくは上製本での
   製本が対象となります。
  (中綴じや平綴じなどは、その対象となりません。)

■費用
 お送りする費用が別途1,100円(税込)かかります。

▶国会図書館納本の注意点について

国会図書館へ納本するためには、JANコードやISBNコードの取得が必要ですか?

JANコードやISBNコードは、国立国会図書館が管理しているコードではないため、いずれも必須ではございません。
国立国会図書館に納本された冊子には、日本全国書誌番号が付与されます。
ただし、ISBNコードの記載があると、国立国会図書館の書誌データに記録されるため、検索する際に有用です。

国会図書館へ納本するためには、奥付が必要ですか?

はい必要です。 お客様にて奥付の作成をお願いいたします。

○ 表紙は冊子のタイトルを記載したデザインとしてください。
○ 奥付を作成していただき、最低でも以下の内容をご記載ください。

 ・冊子タイトル
 ・発行年月日
 ・著者名
 ・発行元/発行所 (個人発行の場合は個人名でもOK)

 ※印刷所として弊社「オリンピア印刷株式会社」の記載は任意です。
 ※ISBNコード・書籍JANコードの記載は任意です。

▶国会図書館納本の注意点について

来社・リモート

対面での打ち合わせを希望していますが、大阪市内までが遠いです。
何か良い方法はありませんか?

弊社では、法人のお客様を対象に、ZOOMでのリモート相談を承っております。 遠方でも顔を見ながら相談されたい場合や、仕様について説明されたい場合にご活用ください。

お客様のご要望に合わせて事前準備をいたしますので、ご希望日の1週間前までにご予約ください。

■ご予約の際、以下についてお知らせください。
・ご希望日時(2~3の候補を挙げてください)
・ご要望(サンプルが見たい、原稿について直接説明したい、など)
※ご相談時間は30分までです。
※予約状況等により、ご希望の日時以外で調整をお願いすることもございます。

▶ご予約はお問合せフォームからお願いいたします。

お電話でのお問い合わせ先
0120−55−8637(携帯・PHS可)
受付時間:月~金 9時~19時(定休日:土・日・祝)

書類について

原稿に秘密情報が含まれているため、漏洩が心配です。
秘密保持契約(NDA)を結ぶことは可能ですか?

はい、承ります。
弊社工場は「Pマーク」を取得しているため、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備しております。
弊社に決まったフォーマットはございませんので、お手数ですが、お客さまで書類をご準備のうえ、弊社までご郵送またはメール添付にてご送付ください。
弊社で必要事項を記入し、ご返送いたします。

グリーン購入法に準じた印刷物を依頼したいと考えています。 資材確認表の発行は可能ですか。?

はい、承ります。
弊社工場は「グリーンプリンティング認定工場」として稼動しており、常に環境への配慮を心がけております。
また、この認定を持っている印刷工場は、「グリーン購入の調達者の手引き」の基準を満たすと認められておりますので、安心してご依頼ください。

■ご注意点
資材確認票は、一部につき16,500円(税込)で発行いたします。
発行にお日にちを要する場合がございますので、恐れ入りますが、納期には余裕を持ってご注文・ご入稿ください。

その他

オリンピア印刷へ直接訪問して打ち合わせなどすることは可能ですか?

はい、弊社ではご来社での打ち合わせを承っております。
また、弊社(大阪市)までが遠方となる場合には、リモートでのご相談にも対応しております。
※リモートでのご相談について、詳しくは次の質問への回答をご参考ください。

お客様のご要望に合わせて事前準備をいたしますので、ご希望日の1週間前までにご予約ください。

■ご予約の際、以下についてお知らせください。
・ご希望日時(2~3の候補を挙げてください)
・ご要望(サンプルが見たい、原稿について直接説明したい、など)
※ご相談時間は30分までです。
※予約状況等により、ご希望の日時以外で調整をお願いすることもございます。

▶ご予約はお問合せフォームからお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ先
0120−55−8637(携帯・PHS可)
受付時間:月~金 9時 ~19時(定休日:土・日・祝)
※担当者が不在の場合は、翌営業日以降折り返しご連絡いたします。

【場所】
大阪府大阪市西区江戸堀2−1−13

【最寄り駅】
大阪市営地下鉄四ツ橋線「肥後橋」駅より徒歩10分
大阪市営地下鉄中央線「阿波座」駅より徒歩15分

▶ご来社でのお打合せについて、弊社webサイトに詳しく掲載しておりますので、ご参考ください。

SDGsが注目される昨今、環境に配慮した冊子を作ることで、環境活動への取り組みをアピールしたいと考えています。
どのような方法がありますか?またその際の条件などはありますか?

弊社工場は「グリーンプリンティング認定工場」として稼動しており、常に環境への配慮を心がけております。
この認定を持っている印刷工場は、「グリーン購入の調達者の手引き」の基準を満たすと認められております
エコロジーペーパーやリサイクルペーパーでの冊子づくりもお手伝いいたします。

営業時間・休日について

以下にご案内いたします。

【営業時間】
月~金曜日、9:00~12:00/13:00~17:00

【お電話受付時間】
月~金曜日、9:00~19:00
(17:00~19:00のお電話受付時間に担当スタッフが不在の場合は、別スタッフでご用件をお伺いの上、翌営業日の折り返しとさせていただきます)

【休業日】
土・日・祝日。
夏季休暇、冬季休暇、ゴールデンウィークの休業日につきましては、ホームページ上でご案内させていただきます。
なお、休業日にいただいたお問い合わせやお申し込みにつきましては、休み明けに順次回答させていただきます。

▶営業日カレンダー

所在地 〒550-0002大阪市西区江戸堀2-1-13-6F

Copyright © 2022 冊子印刷のオリンピア All Right Reserved.
ページの一番上へ 自動見積 よくいただくご質問 サイトメニューへ