無線綴じ(くるみ製本)・中綴じの選べる表紙用紙

●モノクロ印刷に適した紙

  • レザック

    レザック

    「レザーライク」という革のようなという意味があります。高級感と暖かみを感じさせるエンボスペーパーです。 モノクロ

    詳しくはこちら
  • 色上質

    色上質

    模様がなく平滑な紙質で汎用性もあり、その名のとおり色つきの上質紙です。 モノクロ

    詳しくはこちら
  • つむぎ

    つむぎ

    日本独特のつむぎ織りのパターンを表現している、布のような柄の和風用紙です。 モノクロ

    詳しくはこちら
  • マーメイド

    マーメイド

    表面が少し凸凹していています。人魚のさざ波という意味の通り、さざ波模様になっていて手触り感があります。 モノクロ

    詳しくはこちら
  • 上質紙

    上質紙

    最も一般的な用紙で、白色度が高い用紙です。文字がメインの冊子や、書き込むタイプの冊子おすすめです。 モノクロ

    詳しくはこちら

●カラー印刷に適した紙

  • コート紙

    コート紙

    ツヤのあるつるっとした用紙。発色がよくカラー印刷に適しています。写真入の表紙や、カタログ表紙などに最適です。 モノクロ カラー印刷対応

    詳しくはこちら
  • マットコート紙

    マットコート紙

    ツヤのないしっとりとした手触り感のある用紙です。上品で落ち着いた雰囲気に仕上がります。 モノクロ カラー印刷対応

    詳しくはこちら

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる表紙用紙 レザック

レザック
モノクロ モノクロ印刷専用の表紙用紙です

レザックには、「レザーライク」という「革のような」という意味があり、カーフ(仔牛の皮)風の凸凹としたエンボスペーパーです。 無線綴じ向きで、高級感と暖かみがあります。
学校などの文集や論文集などで、一度はお使いになったことがあるのではないでしょうか。

<よく使われる冊子の種類>
論文集、学会誌、俳句集、台本によく使われます。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめのレザック厚み

4種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。
※表紙の方が本文の用紙より厚めの組み合わせになります。

レザック用紙
★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。

130kg
約0.16mmと厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。薄い代わりに、しなりがでてやや開き易くなります。
★175kg
約0.21mmでレザックの中では一番使用されることの多い厚みです。官製はがきとほぼ同じくらいの厚みです。
★215kg
約0.27mmで、手書きの賞状用紙とほぼ同じ厚さです。背幅が15mm以上の厚めの冊子でもしっかりとした印象になります。
★260kg
約0.32mmでレザックの中で一番厚いです。ハリがあり、しっかりとした冊子に仕上ります。
1〜50ページ
51〜128ページ
129〜180ページ
181〜256ページ
257〜638ページ
■中綴じおすすめのレザック厚み

4種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。
※表紙の方が本文の用紙より厚めの組み合わせになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。

130kg
約0.16mmと厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。薄い代わりに、しなりがでてやや開き易くなります。
★175kg
約0.21mmでレザックの中では一番使用されることの多い厚みです。官製はがきとほぼ同じくらいの厚みです。
★215kg
約0.27mmで、手書きの賞状用紙とほぼ同じ厚さです。
★260kg
約0.32mmでレザックの中で一番厚いです。ハリがあり、しっかりとした冊子に仕上ります。
1〜32ページ
36〜64ページ
■色見本

13種類の中からお選びいただけます。

  • ミント

    ミント

  • さくら

    さくら

  • みずいろ

    みずいろ

  • クリーム

    クリーム

  • スカイ

    スカイ

  • たまご

    あさぎ

  • 銀ねず

    銀ねず

  • オークル

    オークル

  • 青ねず

    青ねず

  • もも

    もも

  • こそめ

    こそめ

  • うすねず

    うすねず

  • ホワイトグレー

    ホワイト
    グレー

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる表紙用紙 色上質

色上質
モノクロ モノクロ印刷専用の表紙用紙です

模様がなく平滑な紙質で汎用性もあり、その名のとおり色つきの上質紙です。
一般的によく使用されている用紙で、中綴じに向いています。

<よく使われる冊子の種類>
報告書、会報誌、テキスト、取扱説明書などによく使われます。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめの色上質厚み

4種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。
※表紙の方が本文の用紙より厚めの組み合わせになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。
厚口
約0.11mm。
本文用紙の上質紙70kgと同じくらいの厚さです。オプションの「扉」にはこちらの厚さを使用します。
特厚口
約0.15mm。
厚手の模造紙と同じ厚さです。最厚口より“しなり”がでて、開きやすい印象になります。
★最厚口
0.17mm。
一般的な厚さで強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
★超厚口
色上質で一番厚い用紙です。手書きの賞状用紙とほぼ同じくらいの厚さで、背幅が15mm以上になる厚めの冊子にお勧めです。
1〜50ページ
51〜128ページ
129〜180ページ
181〜256ページ
257〜638ページ
■中綴じおすすめの色上質厚み

4種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。
※表紙の方が本文の用紙より厚めの組み合わせになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)にお勧めの厚さです。
厚口
約0.11mm。
本文用紙の上質紙70kgと同じくらいの厚さです。オプションの「扉」にはこちらの厚さを使用します。
特厚口
約0.15mm。
厚手の模造紙と同じ厚さです。最厚口より“しなり”がでて、開きやすい印象になります。
★最厚口
0.17mm。
一般的な厚さで強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
★超厚口
色上質で一番厚い用紙です。手書きの賞状用紙とほぼ同じくらいの厚さです。
8〜32ページ
36〜64ページ
■色見本

12種類の中からお選びいただけます。

  • 白

    白茶

  • アイボリー

    アイボリー

  • クリーム

    クリーム

  • 水

  • うぐいす

    うぐいす

  • コスモス

    コスモス

  • レモン

    レモン

  • 濃クリーム

    濃クリーム

  • 浅黄

    浅黄

  • 空

  • サーモン

    サーモン

  • 銀ねず

    銀ねず

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる表紙用紙 つむぎ

つむぎ
モノクロ モノクロ印刷専用の表紙用紙です

日本独特のつむぎ織りのパターンを表現している、布のような柄の和風用紙です。草木染の深みのある色合が特徴です。

<よく使われる冊子の種類>
俳句集、自分史や写経本などによく使われています。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめのつむぎ厚み

2種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。
※表紙の方が本文の用紙より厚めの組み合わせになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。
170kg
約0.24mm。
強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
★210kg
つむぎでは一番厚い用紙です。背幅が15mm以上など厚めの冊子にお勧めです。
1〜50ページ
51〜128ページ
129〜180ページ
181〜256ページ
257〜638ページ
■中綴じおすすめのつむぎ厚み

2種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。
※表紙の方が本文の用紙より厚めの組み合わせになります。

170kg
約0.24mm。
強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
210kg
つむぎでは一番厚い用紙です
8〜32ページ
36〜64ページ
■色見本

10種類の中からお選びいただけます。

  • 黄色

    黄色

  • 枯葉

    枯葉

  • あい

    あい

  • 藤

  • こうぞ

    こうぞ

  • ねずみ

    ねずみ

  • 若草

    若草

  • あさぎ

    あさぎ

  • 桃

  • あんず

    あんず

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる表紙用紙 マーメイド

マーメイド
モノクロ モノクロ印刷専用の表紙用紙です

表面が少し凸凹していてあたたかみのある用紙です。
人魚のさざ波という意味通り、やわらかな波の肌あいで手触り感があります。

<よく使われる冊子の種類>
学会誌、俳句集、台本によく使われます。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめのマーメイド厚み

2種類の厚さをご用意しております。 お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。
※表紙の方が本文の用紙より厚めの組み合わせになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。
110kg
上質紙110kgと同じくらいの厚さです。柔らかい用紙のため見返しを付けるにはお勧めの厚さです。
153kg
手書きの賞状用紙とほぼ同じ約0.25mmの厚さです。強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
1〜50ページ
51〜128ページ
129〜180ページ
181〜256ページ
257〜638ページ

※300ページを超える場合は、見返し等をつけて表紙に厚みを持たせることをお勧めします。

■中綴じおすすめのマーメイド厚み

2種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。
※表紙の方が本文の用紙より厚めの組み合わせになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。
110kg
上質紙110kgと同じくらいの厚さです。
153kg
手書きの賞状用紙とほぼ同じ約0.25mmの厚さです。強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
8〜32ページ
36〜64ページ
■色見本

10種類の中からお選びいただけます。

  • サフラン

    サフラン

  • 緑

  • 桜

  • 赤

  • 玉子

    玉子

  • ライラック

    ライラック

  • 空

  • つゆ

    つゆ

  • だいだい

    だいだい

  • ヘーゼル

    ヘーゼル

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる表紙用紙 上質紙

上質紙
モノクロ印刷対応 モノクロ印刷に対応

白色度が高く、鉛筆で書きやすい紙です。
コピー紙やノートをはじめ、様々な用途に使われています。

<よく使われる冊子の種類>
テキストやマニュアル、取扱説明書などに使われます。
マニュアル等の場合、本文の厚さと同じ厚さを使用することがあります。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめの上質紙厚み

5種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。
70kg
本文としても一番よく使用する厚さです。表紙と本文を同じにされたい場合にお選びください。約0.1mmで一万円札とほぼ同じ厚さです。
90kg
約0.12mm。
本文によく使用される厚さです。表紙と本文を同じ厚みにされたい場合にお選びください。
110kg
約0.15mm。
表紙としては少し薄めです。背幅が3mm未満の薄い冊子にお勧めです。
135kg
約0.19mm。
厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。“しなり”がでて開き易い印象となります。
★180kg
約0.25mm。
強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
1〜50ページ
51~128ページ
129~180ページ
181~256ページ
257~638ページ
■中綴じおすすめの上質紙厚み

4種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)にお勧めの厚さです。
70kg
本文としても一番よく使用する厚さです。表紙と本文を同じにされたい場合にお選びください。約0.1mmで一万円札とほぼ同じ厚さです。
90kg
約0.12mm。
本文によく使用される厚さです。表紙と本文を同じ厚みにされたい場合にお選びください。
110kg
約0.15mm。
表紙としては少し薄めです。背幅が3mm未満の薄い冊子にお勧めです。
135kg
約0.19mm。
厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。“しなり”がでて開き易い印象となります。
★180kg
約0.25mm。
強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
8〜32ページ
36〜64ページ

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる表紙用紙 コート紙

コート紙
モノクロ印刷対応 カラー印刷対応 モノクロ印刷にもカラー印刷にも対応!

白色度が高く、ツヤのあるつるっとした光沢のある用紙です。 発色がよいのでカラー印刷に適しています。

<よく使われる冊子の種類>
カタログや雑誌表紙、書籍などに使われます。
マニュアル等の場合、本文の厚さと同じ厚さを使用することがあります。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめのコート厚み

5種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。
90kg
約0.08mm。
上質紙の70kgより薄いです。表紙と本文を同じ厚みにされたい場合にお選びください。
110kg
約0.11mm。
一万円札とほぼ同じ厚さで、上質紙の70kgとほぼ同じ厚さです。背幅が3mm未満の薄い冊子にお勧めです。
135kg
約0.13mm。
厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。“しなり”がでて開き易い印象となります。
★180kg
約0.21mm。
手書きの賞状用紙とほぼ同じ厚さです。強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用されます。
★225kg
コート系の用紙では一番厚い紙になります。ハリがあり、しっかりとした冊子になります。
1~50ページ
51~128ページ
2129~180ページ
181~256ページ
257~638ページ
■中綴じおすすめのコート厚み

4種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)にお勧めの厚さです。
90kg
約0.08mm。
上質紙の70kgより薄いです。表紙と本文を同じ厚みにされたい場合にお選びください。
110kg
約0.11mm。
一万円札とほぼ同じ厚さで、上質紙の70kgとほぼ同じ厚さです。背幅が3mm未満の薄い冊子にお勧めです。
135kg
約0.13mm。
厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。“しなり”がでて開き易い印象となります。
★180kg
約0.21mm。
手書きの賞状用紙とほぼ同じ厚さです。強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用されます。
★225kg
コート系の用紙では一番厚い紙になります。ハリがあり、しっかりとした冊子になります。
8〜32ページ
36〜64ページ

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる表紙用紙 マットコート紙

マットコート紙
モノクロ印刷対応 カラー印刷対応 モノクロ印刷にもカラー印刷にも対応!

白色度が高く、ツヤのないしっとりとした手触り感のある用紙です。 上品で落ち着いた雰囲気に仕上がります。

<よく使われる冊子の種類>
カタログやパンフレット、写真集などに使われます。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめのマットコート厚み

5種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。
90kg
約0.1mm。
一万円札や、上質紙の70kgと同じくらいです。表紙と本文を同じ厚みにされたい場合にお選びください。
110kg
約0.13mm。
上質紙の90kgと同じくらいの厚さです。背幅が3mm未満の薄い冊子にお勧めです。
135kg
約0.17mm。
厚手の模造紙とほぼ同じくらいの厚さです。“しなり”があり開き易い印象となります。
★180kg
約0.24mm。
手書きの賞状用紙とほぼ同じ厚さです。強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
★225kg
マットコート系の用紙では一番厚い紙になります。背幅が20mm以上になる冊子にお勧めです。
1〜50ページ
51〜128ページ
129〜180ページ
181〜256ページ
257〜638ページ
■中綴じおすすめのマットコート厚み

4種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

★印は表紙の加工(PP/マットPP)やブックカバーを付けるのにお勧めの厚さです。
90kg
約0.1mm。
一万円札や、上質紙の70kgと同じくらいです。表紙と本文を同じ厚みにされたい場合にお選びください。
110kg
約0.13mm。
上質紙の90kgと同じくらいの厚さです。背幅が3mm未満の薄い冊子にお勧めです。
135kg
約0.17mm。
厚手の模造紙とほぼ同じくらいの厚さです。“しなり”があり開き易い印象となります。
★180kg
約0.24mm。
手書きの賞状用紙とほぼ同じ厚さです。強度と“しなり”のバランスがよく、幅広く使用される厚さです。
★225kg
マットコート系の用紙では一番厚い紙になります。背幅が20mm以上になる冊子にお勧めです。
8〜32ページ
36〜64ページ

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる本文用紙

冊子づくりに定番の用紙をそろえました。 テキストメインの冊子は、上質紙や書籍紙、写真やイラストがメインの冊子は、コート紙やマットコート紙が最適です。

  • 上質紙

    上質紙

    最も一般的な用紙で、白色度が高い用紙です。文字がメインの冊子や、書き込むタイプの冊子おすすめです。 モノクロ カラー印刷対

    詳しくはこちら
  • 書籍紙

    書籍紙

    少しクリーム色がかった用紙で書籍によく使われています。文字中心の冊子で、読み物に適しています。小説や追悼集などによく使われます。 モノクロ カラー印刷対

    詳しくはこちら
  • コート紙

    コート紙

    ツヤのあるつるっとした用紙。発色がよくカラー印刷に適しています。写真入の表紙や、カタログ表紙などに最適です。 モノクロ カラー印刷対応

    詳しくはこちら
  • マットコート紙

    マットコート紙

    ツヤのないしっとりとした手触り感のある用紙です。上品で落ち着いた雰囲気に仕上がります。 モノクロ カラー印刷対応

    詳しくはこちら

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる本文用紙 上質紙

上質紙
モノクロ印刷対応 カラー印刷対応 モノクロ印刷にもカラー印刷にも対応!

最も一般的な用紙で、白色度が高い用紙です。鉛筆適正があり、書き込みがしやすい用紙です。

<よく使われる冊子の種類>
報告書や白書、論文、マニュアル、取扱説明書、問題集など、文字がメインの冊子や書き込むタイプの冊子おすすめです。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめの上質紙(本文)厚み

5種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

55kg
かなり薄めの本文用紙です。多少の透け感があります。500ペーページ以上のページ数が多い場合に選ばれます。
70kg
一般的な本文です。約0.1mmで一万円札とほぼ同じ厚さです。
90kg
一般的な本文と同じ厚さです。表紙と本文を同じにされたい場合にお選びください。約0.13mm
110kg
本文用紙としては厚めの用紙です。約0.15mmと週刊誌の表紙とほぼ同じ厚さで、ページ数の少ないパンフレット向きです。
135kg
約0.18mmと厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。4〜8ページ数の少ないパンフレット向きです。
1〜128ページ
129〜256ページ
257〜384ページ
385〜512ページ
513〜638ページ
■中綴じおすすめの上質紙(本文)厚み

5種類の厚さをご用意しております。
ページ数があり、厚さのある冊子には、適していません。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

55kg
かなり薄めの本文用紙です。多少の透け感があります。500ペーページ以上のページ数が多い場合に選ばれます。
70kg
一般的な本文です。約0.1mmで一万円札とほぼ同じ厚さです。
90kg
一般的な本文と同じ厚さです。表紙と本文を同じにされたい場合にお選びください。約0.13mm
110kg
本文用紙としては厚めの用紙です。約0.15mmと週刊誌の表紙とほぼ同じ厚さで、ページ数の少ないパンフレット向きです。
135kg
約0.18mmと厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。4〜8ページ数の少ないパンフレット向きです。
8〜16ページ
20〜48ページ
52〜64ページ

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる本文用紙 書籍紙

書籍紙
モノクロ印刷対応 カラー印刷対応 モノクロ印刷にもカラー印刷にも対応!

少しクリーム色がかった上品な用紙で、販売されている書籍によく使われています。

<よく使われる冊子の種類>
俳句集や小説、自分史、楽譜など、字がメインの読み物にぴったりです。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめの書籍紙(本文)厚み

3種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

62kg
薄めの本文用紙のため、ページ数が多い冊子に。
72.5kg
約0.1mmと上質紙70kgとほぼ同じ厚さです。一般的な本文用紙です。
90kg
厚めの本文用紙です。上質紙90kgとほぼ同じ用紙です。ページ数が少ないけれど、本に厚みをもたせたい場合に。
1〜128ページ
129〜256ページ
257〜384ページ
385〜512ページ
513〜638ページ
■中綴じおすすめの書籍紙(本文)厚み

3種類の厚さをご用意しております。
ページ数があり、厚さのある冊子には、適していません。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

62kg
薄めの本文用紙のため、ページ数が多い冊子に。
72.5kg
約0.1mmと上質紙70kgとほぼ同じ厚さです。一般的な本文用紙です。
90kg
厚めの本文用紙です。上質紙90kgとほぼ同じ用紙です。ページ数が少ないけれど、本に厚みをもたせたい場合に。
8〜16ページ
20〜48ページ
52〜64ページ

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる本文用紙 コート紙

コート紙
モノクロ印刷対応 カラー印刷対応 モノクロ印刷にもカラー印刷にも対応!

ツヤのある白い用紙で、発色がよいのでカラーページに適しています。

<よく使われる冊子の種類>
写真集、絵本、アルバムやレシピ集など写真が入る冊子におすすめです。
また、写真ページだけに使用するといった部分使いもよくされます。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめのコート紙(本文)厚み

4種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

73kg
一般的な本文用紙より少し薄めで上質紙55kgとほぼ同じ厚さです。
90kg
一般的な本文用紙で上質紙70kgとほぼ同じ厚さです。約0.08mm
110kg
約0.1mmと一万円札とほぼ同じ厚さです。2つ折やページ数が少なめの冊子に。
135kg
約0.18mmと厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。表紙にもよく使われるため、ページ数が8ページ未満のパンフレットなどに最適。
1〜128ページ
129〜256ページ
257〜384ページ
385〜512ページ
513〜638ページ
■中綴じおすすめのコート紙(本文)厚み

4種類の厚さをご用意しております。
ページ数があり、厚さのある冊子には、適していません。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

73kg
一般的な本文用紙より少し薄めで上質紙55kgとほぼ同じ厚さです。
90kg
一般的な本文用紙で上質紙70kgとほぼ同じ厚さです。約0.08mm
110kg
約0.1mmと一万円札とほぼ同じ厚さです。2つ折やページ数が少なめの冊子に。
135kg
約0.18mmと厚手の模造紙と同じくらいの厚さです。表紙にもよく使われるため、ページ数が8ページ未満のパンフレットなどに最適。
8〜16ページ
20〜48ページ
52〜64ページ

▲このページの上部に戻る

無線綴じ(くるみ製本)・ 中綴じの選べる本文用紙 マットコート紙

マットコート紙
モノクロ印刷対応 カラー印刷対応 モノクロ印刷にもカラー印刷にも対応!

ツヤのないコート紙で、しっとりとした質感の白い用紙です 。カラーの発色が良く、上品な雰囲気に仕上がります。

<よく使われる冊子の種類>
写真集、絵本、アルバムやレシピ集など写真が入る冊子におすすめです。
また、写真ページだけに使用するといった部分使いもよくされます。

■無線綴じ(くるみ製本)おすすめのマットコート紙(本文)厚み

4種類の厚さをご用意しております。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

73kg
一般的な本文用紙より少し薄めで上質紙55kgとほぼ同じ厚さです。
90kg
一般的な本文と同じ厚さです。表紙と本文を同じにされたい場合にお選びください。約0.11mm
110kg
週刊誌の表紙とほぼ同じ厚さの約0.14mmです。ページ数が50ページ前後の表紙に。
135kg
約0.17mmと厚手の模造紙とほぼ同じくらいの厚さです。表紙にもよく使われるため、ページ数が8ページ未満のパンフレットなどに最適。
1〜128ページ
129〜256ページ
257〜384ページ
385〜512ページ
513〜638ページ
■中綴じおすすめのマットコート紙(本文)厚み

4種類の厚さをご用意しております。
ページ数があり、厚さのある冊子には、適していません。
お選びいただく用紙の厚さにもよりますが、一般的なページ数と用紙の厚さの組み合わせは以下のようになります。

73kg
一般的な本文用紙より少し薄めで上質紙55kgとほぼ同じ厚さです。
90kg
一般的な本文と同じ厚さです。表紙と本文を同じにされたい場合にお選びください。約0.11mm
110kg
週刊誌の表紙とほぼ同じ厚さの約0.14mmです。ページ数が50ページ前後の表紙に。
135kg
約0.17mmと厚手の模造紙とほぼ同じくらいの厚さです。表紙にもよく使われるため、ページ数が8ページ未満のパンフレットなどに最適。
8〜16ページ
20〜48ページ
52〜64ページ

▲このページの上部に戻る

Copyright © 2021 冊子印刷、製本の全国通販【冊子印刷のオリンピア】 All Right Reserved.
ページの一番上へ 自動見積 サイトメニューへ