印刷の基礎知識 画像解像度

データ原稿を作成する前に、知っておけば便利な印刷知識を紹介します。
ここでは画像解像度について説明いたします。

>>印刷の基礎知識 カラーモードについて詳しくはこちら
>>印刷の基礎知識 フォントについて詳しくはこちら

適正解像度

印刷においての画像の適正解像度は350dpi となります。
解像度はPhotoshopなどの画像編集ソフトで確認できますが、実際にはその画像をどれ位の大きさで印刷(配置)されるかによって変動します。


髙解像度(350dpi)
原寸サイズ(100%)

オフセット印刷に適切な解像度。キレイに印刷できる。

中解像度(200dpi)
原寸サイズ(100%)

オンデマンド印刷やレーザープリンターで使用する場合は、十分な解像度。

低解像度(72dpi)
原寸サイズ(100%)

WEBの掲載に適したサイズ。印刷に原寸サイズで使用すると写真が荒くなる。

低解像度の場合

画像ファイルの解像度が低いと印刷が出来ないことはありませんのでそのまま入稿でも印刷可能です。疑似的に画像ソフトで解像度を操作することも可能ですが劇的な変化はありません。
また前述と同じくどれ位の大きさ(拡大・原寸・縮小)かによっても変わってきます。
基本はデジカメやスキャナ等で写真を撮った瞬間(設定値)と倍率でほぼ基本の解像度が決定されます。


適正以上の解像度

数値上、適正解像度以上のデータを頂いたとしても、印刷がますますきれに仕上がることにはつながりません。
これは後工程の出力解像度や線数に依存しますので、適正解像度以上になった場合、データが重くなり処理時間が増えるだけであまり効果がありません。

Adobe社Photoshop(フォトショップ)による解像度の確認方法

イメージ > 画像解像度 を選択してください。


画像解像度が表示されます。解像度やサイズを変更することも可能です。

画像ファイルのリンクと埋め込み

よくあるトラブルにリンクファイルの不足があります。印刷に必要なファイルに使用している画像などのリンクデータはすべてご入稿ください。
PDFデータでご入稿いただくと、画像ファイルを確実にご入稿いただけます。特にX−1aもしくはX−4形式は、印刷に適したPDFとなります。
また必要のないデータはトラブルの原因になりますので、入稿しないでください。



Copyright © 2017 印刷・製本の冊子印刷のオリンピア All Right Reserved.